コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

インテお疲れさまでした!

 昨日は、夏インテでした。来てくださった方、差し入れくださった方、売り子してくれたアイラさんとめぐさん、ありがとうございました!

 その前日からアイラさんが泊まりに来てくれたので、ずーっとぬら孫トーク出来て、幸せな週末でした。以下、その個人的レポート(ぬら孫妄想込み)。
 アイラさんは、元々はシャーマンキングで知り合って友達になり、そこから、イロイロ迷惑を掛けたり、掛けたり、掛けたり…しつつつきあってもらっていて(本当にイロイロすいません)、アイラさんの方が先にぬら孫にハマっていたので、わたしがハマった報告をしたら大歓迎してくれた方です。
 それから、たくさん、ぬら孫トークをしてきました。このブログに記載しているぬら孫考察の類は、アイラさんとお話している時に出てきたモノばかりです。


 なので、NEXTも発売されたことだし、と生でぬら孫トークするのを楽しみにしながら、夜行バスでやってきたアイラさんを迎えに行きます。
 一緒に朝ご飯を食べて、ゆっくり支度して、原稿王子の素敵さを力説し、理解していただきました(何故こんなに必死なのかわたし)。
それから、京都へ向かいます。
 

 京都と言えば、花開院です。
 なので、京都で遊んでいる最中、「ゆらに京都案内されるリクつら」というシチュエーションで妄想して楽しみます。

 祇園界隈には、女性が買い物せずにはいられない可愛い雑貨のお店が、これでもかとばかりにございます。
 アイラさんは、ずっと、可愛いを連呼していました。気持ちはわかる。わたしも、「京都はいつでも行けるだろ」と自分内ツッコミを入れながら、ついイロイロ買っちゃった!
 そして、妄想して遊ぶわたしたち。
 


inハナビラヒトツhttp://www.hanabirahitotu.jp/


「花開院さん、案内してくれてありがとう」
「……去年の夏あんなことがあったんやから、弐條城やら鵺ヶ池やら視察したい、言うんは納得できるし、共闘する約束した花開院としては無視できへんから案内と宿の提供ぐらいはするわ。それはええんや。けどなぁ、ついでにどこか見たいか聞いたら、『女の子の喜びそうな所』とか言われても、うちストックあらへんから困ったわ」
「ごめんごめん。ここは、誰が教えてくれたの?」
「……秀元や」
「え?」
「うちの式神のはずの、13代目秀元がチョロチョロと好き勝手に現出しとるんは、あんたも知ってはるやろ。うちの家でもその状態で、さすがに客の前には現れへんけど、うちの傘下の陰陽師とは平気でおしゃべりしとるらしくて、やけに現代京都について情報通やねん」
「へえ~。うちのお祖父ちゃんも、もう500歳なのに現代の女の子の間で流行してるモノとかに詳しいんだよね…」
「…ところで、あんた、ええの?」
「え?何が?」
「何が、て…」
「リクオ様~!このコたち、どっちの方がかわいいと思いますか!?」
「つらら、…えーと、お前が両手に持ってるウサギのストラップ、ボクには同じモノに見えるけど」
「違います!着物の柄が違いますし、顔も違います!リクオ様、ぬいぐるみやお人形は、よーく見ると皆少しずつ顔が違うんですよ!その中で1番可愛いと思えたコが1番自分と相性のイイコだから、ちゃーんと選ばないといけないんです!でも、わたしには、この2人の中から選ぶことが出来なくて!どっちも、可愛くて!」
「……参考までに尋ねるけど、ボクが選んだ後はどうなるの?」
「すごく可愛い小物入れがあるんです!お花の形とかくまさんの形とか、形もいろいろなのが。なので、形が違う小物入れに着物の柄が違うウサギさんを1人ずつ入れて、若菜様と毛倡妓と凛子と猫娘にお土産にしようと思いまして。可愛い小物入れの中に可愛いウサギさんが入ってたら、開けた時嬉しくなると思うんです!私なら、叫んじゃいますよ!それで、皆の分は選んだんですけど、わたしの分が選び切れなくて」
「つらら。この、ちょっと大きいサイズの小物入れをボクが買ってあげる。それで、そのウサギを両方とも詰めるといいよ。そのウサギ、どっちも、つららに連れて帰ってほしいみたいだから」
「えっ、いいんですか!?」
「うん。いいよ。じゃあ、お会計かな?」
「まだです!苔姫には可愛い吊り飾りを渡すつもりなのに、まだ選べておりませんから!選んできますから、待っててくださいね~!」
「…うん」
「……奴良君、あんた、側近頭甘やかし過ぎやろ。うちら、どんだけ待ってると思ってんねん。主として、ビシっとツッコミ入れんかい」
「いやぁ、ボクも甘やかしてるな、て自覚はあるんだけど、いつもボクのことにつきあってもらってるわけだから、たまにはつららにつきあうべきだと思うし。どうにも可愛くって。つい」
「つい、やあらへんやろ!人生、特にあんたらは長いんやから、ここらでビシっと…」
「リクオ様~!お二階にも吊り飾りがあるみたいなので、行きましょう!」
「うん、行こうかつらら」
「………恨むで、秀元」




in井澤屋http://www.izutuya-gion.jp/access.html

「リクオ様、やっぱり自分で持ちます!私の荷物なんですから!」
「いやいや、荷物持ちは男の仕事だから。女の子がいっぱい荷物持ってるのに男のボクが手ぶらだと、外から見てアレな感じだしね」
「ていうか、雪女、あんた、買い物し過ぎや!小妖怪に言うて金魚のポーチと蛙のポーチも全種類買うてまうし!吊り飾りも、苔姫への土産だけやのぅて、季節の設え全部揃えてもうて!そないに買うてどないすんねん!」
「吊り飾りは、リクオ様のお子様が産まれたら、その時に使うからいいんです!だから…ううう、やっぱり、このお店の赤ちゃんの服も買いたいです!金魚の柄のと、パンダのと!」
「……奴良君はまだ中学生やで。奴良君のお父さんが子供授かったの、300歳過ぎてからやねやろ。今買うても風化するかもしれんから、止め…」
「つらら、そうだね、可愛いね。じゃあ、両方とも買っちゃおうか」
「いいんですか!?」
「男の子でも女の子でも着せられるデザインだしね」
「じゃあ、買ってきますね!」
「……奴良君」
「いや、やっぱり、こういうのは母親の意向が第一だと思って。妊娠の事実が判明してから、つららが京都に来て買えるとはわからないんだから、今買ってしまってもいいと思うんだよ。つわりが酷くて旅行出来ないかもしれないし、つわりが収まっても夏なら京都なんてつれてけないし。だから、まぁ、どうせ、数年しないうちに使うことになるからいいかなー、と」
「………奴良君」



in永楽屋http://www.eirakuya.jp/?raak

「わぁ、素敵ですね!面白い物も可愛い物もカッコいい物もありますね~」
「いきだねぇ」
「京都で400年続いてる店をいきやなんて言わんといて。粋ならまだええけど」
「確かに、上方のセンス、という感じはするわね。うわぁ、手拭いだけじゃなくて、いろんな形に加工してるのね~」
「ここの系列、この付近にめちゃめちゃあるで」
「そうなの?じゃあ、そっちも見たいわ」
「何が欲しいん?」
「女衆は、可愛いヘアピン入れと可愛い歯ブラシと胡粉ネイルを買ってお土産にしたから、後は、初代とか鴉天狗様とか鴆様とか男性にもお土産を買いたいな~と思って」
「……どんだけ買うねん。奴良君の腕が、重さより嵩張り具合でそろそろ限界やろ」
「リクオ様、やっぱり、全部私が持ちます!」
「いや、いーから。選ぶ時に袋が多いと邪魔だしね。つらら、いーからね。それより花開院さん、男性向けの商品ってあるかな?」
「……八坂さんのすぐ近くの店舗は、メンズラインやった気がするわ」
「じゃあ、そこへ行こう!」



in一乗寺中谷http://ichijouji-nakatani.com/

「祇園からだと結構遠かったけど、この店は、わざわざバスに乗っていく甲斐があるで!」
「そんなに美味しいの?」
「そんなに美味しいんや!和菓子屋さんと洋菓子屋さんが結婚して出来たここのお菓子は、まさに、和菓子と洋菓子のマリアージュやで!」
「……いや、まぁ、正しいけど」
「というわけで、店員さん、中谷パフェと、ざるわらびと、絹ごし緑茶ティラミスと、お抹茶3人分よろしく」
「ちょっと、勝手に注文しないでよ!」
「その台詞は、うちのおススメ食べてから言い。この3種類を3人で分けっこして食べるのが、1番ええって」
「きゃあ~☆ざるわらび美味しい!何コレ!?」
「ふふふ。あんた、これまでわらび餅の事舐めてたやろ?さ、わらび餅さんに謝り」
「わらび餅さんごめんなさい!私、これまで、あなたがこんなにクリームと合うと思ってなかったわ!こんなにねっとりもちもちで魅力的だなんて、知らなかったわ!見くびってて、ごめんなさい!」
「ふふ」
「…何やってるのさ、2人とも。まぁ、確かに美味しいけどね。中谷パフェのお茶ゼリーも、異様に美味しいよね。ボク、ほうじ茶系のデザートは正直どうかなと思ってたんだけど、このゼリーの清涼感すごいよ」
「ふふふ、そうやろそうやろ」
「絹ごし緑茶ティラミスも、美味しい~。中谷パフェの豆腐羊羹も美味しい~。はうう~、幸せです~☆」
「ここのお店は、時々、お祖父ちゃんが連れてってくれたんや!ざるわらびとか、通販では買われへんねんで。ま、うちは、チャリで食べに来たらええんやけど」
「自転車で来るの?」
「お祖父ちゃんと行く時は一緒に車に乗せてもろたけど、今は、花開院家が所有してるチャリの中から1台借りて来てるわ」
「花開院家で何台も所有してるの?」
「そうや。バイクやらスクーターやらも、共有しとるで。こないだ、うちと竜二兄ちゃんと魔魅流君が急遽出かけなあかんようなった時は、スクーターは1台しかあらへんかったから、竜二兄ちゃんがスクーターで飛ばす隣で、うちと魔魅流君がチャリ爆走しとったわ。兄ちゃんは容赦なくスピード上げたんやけど、信号多いから助かったわ」
「…竜二さんが、スクーター。いや、自転車よりは、うん」
「魔魅流君は、バイクも使うで。その日はあらへんかっただけで。うち、魔魅流君の後ろに乗っけてもらったことあるけど、運転上手いんよ」 



in錦市場http://www.manekinekonote.jp/unchiku/kingyo.html

「きゃあっ、いやぁ!」
「つららっ!?」
「いやぁ、このウサギさん可愛過ぎです!わ、私はどうしたらいいんですか!?」
「……魑魅魍魎の主、あんたの百鬼が大っきなうさぎのぬいぐるみ抱き締めて頬擦りしてるで。ええんか?」
「ボクが買い上げるから問題無いよ」
「あァっ、いやぁ!この歌舞伎猫シリーズも可愛過ぎます!はわわ、私はどうすれば!?」
「……あんたの雪女、歌舞伎の恰好した猫のぬいぐるみのシリーズ見て、目ぇキラキラさせとるで。あれも全部買うたるんか?」
「……つらら、全部はダメだからね。3つにしなさい」
「結局買うたるんかい!」



in錦市場

「ううう。お麩がこんなに可愛いなんて!紅葉の形のお麩とか、イチョウの形のお麩とか」
「つらら、これは経費で落とせるから、好きなだけ買っていいよ」
「経費て、あんた」
「そうですね。総会のお吸い物で使えばいいですもんね。珍しいから、幹部の方々に受けます、きっと」 
「えっ、そない珍しい?」
「ええ」
「そうなんや。うち、こんなんは行事ごとのお膳でよぅ見かけたけどなぁ」



 というわけで、わたしとアイラさんは、祇園→一乗寺中谷→錦市場、と遊んで大阪に帰り、リラっくまショップを見たり、たこ焼きや唐揚げ買ったりして……ヒール靴を履いていたわたしの足が限界を迎えたりしたのでした。
 あー、いっぱい歩いた。
 その後は、もちろん家飲みです。泡盛+グァバジュースとか、みぞれ酒とか、恵比寿ビールとか。
 DVDの特典CD[リクオ様と私」を聞いてもらった所、感想は、「…奴良組は総大将一族のファンクラブなんだね。アニメ二期スタッフは、リクつらに優しいね」でした。ええ、その通りですとも!
 明日が本番のインテだと言うのに足が限界だったので、足の裏に無臭の湿布を貼りました。これ、効きますよ!足の裏にモロモロの白いのがくっつくから、足を洗えない状況ではおススメしませんが。



 翌朝は、インテです。
 9時過ぎ到着予定で出発して、案の定乗り換えが混んでおりました。
 売り子のめぐさんは、10時到着予定で、スペース到着は10時25分……うん、コスモスクエア駅がね、乗り換えで待つか、あそこから歩くかだからね。
 
 インテでも、黒子の列がすごかったですね。螺旋を描くような列とか、ね。さすがです。いや、赤ブーは配置も列整理も頑張ってましたけどね。
 グッズ系がある6号館の上への移動もちょっと混んでいたようですが、あれは、エレベーターを使う方が早いです。エスカレーターは混んでいる上に、移動速度がやたら遅くなっていますからね。
 グッズ系サークルさん見るの、大好き!
 帽子を買ったり、桜のパスケースを買って前にもらった雪ストラップを付けてみたり。
 グッズ系にも流行りがありますが、今回の流行は、アイフォンケースと、懐中時計ですね。
 
 遊びに来てくださった方、お話してくだった方、差し入れくださった方、ありがとうございます。わたしがいない時に来てくださった方もいらっしゃるようで…ふらふらしててすいません。
 でも、ぬら孫トーク出来て楽しかったです!
 
 搬出は、今回も大手でした。6Bの受付より6Aの方が人数少なかったから移動しましたけど、暑くて重くてしんどかった。ていうかヤマト、荷物を計量する人とお金をもらう人は分けて効率化してください。窓口が多い分コミケよりずっと早いですが、でも、しんどいです。

 その後は、アイラさんと心斎橋のだらけに行ったり、アルションが満員だったり、ビール飲んだり。
 話しているうちに、つい、雪ノ妖精つららんの設定を細部に至るまでつめてしまったので、いっそ書こうかな、という気持ちになりつつあります。不透明だったゆららん側の設定が埋まっちゃったんですよね。


 アイラさんとお別れして帰宅して入浴してビール飲んだら、もう、すぐ寝ちゃいました。
 うーん、暑い分、思ったより体力を消耗していたようです。
 疲れたけど、楽しかった!

 ああ、夏が終った。
 そして……冬までイベントに出ないのが寂しいからスパークに出たいような気持になっている自分が、います。ど、どうしよう。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。