コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

けちんぼジャックのおすそわけ

 鋼の錬金術師。ロイ・マスタング。

 アンナおばさんのかぼちゃのスープは美味いがこれはやり過ぎだろう?
 と、ぼやくことくらいは赦してくれ。下宿の管理人のアンナおばさんは気のいい人だがすばらしく押しが強く、俺は庭先でかぼちゃスープの大鍋をかき混ぜる役を命じられてしまった。ぐるぐるぐるぐるかき混ぜられる、夕陽色のスープはいい匂い。断りたい気持ちは山々だったが、先日泥酔して帰宅した折に階段ですっ転んで鼻血噴いてた俺を部屋まで担いで行ってくれたのが、ワイン樽ですら担げると噂されるあの太く力強い腕を持つ彼女なので、断ることは不可能だった。
 だからこうやって、真面目に(文句はたらたらだけどな。それくらいは赦せ)鍋をかき混ぜている。10月の終わりとなると夕刻の風は冷たい。温度差のせいかもくもくと湯気が立って、白い蒸気のヴェール越しに見る通りは幻想的だった。闊歩するのは、魔女とか吸血鬼とか狼男とかゴーストとか。天使も悪魔も、なんか勘違いしてる蛙の着ぐるみも、誰もが皆浮かれさざめいて、伝承の通りに妖精の世界の門が開いて誰かが遊びに来ていても、ちっとも見分けなんかつかないだろう。陽気な化け物共が、通りを練り歩く。
 そいつらに振舞うためのスープが、ぐつぐつぐつぐつ煮えている。
「おー、美味そうだな」
 通りから庭を覗き込んできたのは、見覚えのある眼鏡を掛けた狼男だ。妙に嬉しそうな顔でこっちを見てるので、童話の狼のように腹ペコなんだろう(俺たちは貧乏学生だしな)。だが、豪腕のアンナおばさんから直々にスープの張り番に命じられた俺は情けなんかかけてやらんぞ。
「やらんぞ。つまみ食い犯は黒焦げにして本日のメインディッシュにせよ、と厳命が下ってる」
「アンナさんから?」
「ああ。ボーリング球でお手玉が出来ると評判のマダムの命令だ」
 アンナおばさんは、他にも、『物干し竿で槍投げをして車を大破させたことがある』とか『ヘビー級チャンピオンを片手でKOした』とかいろんな逸話を持つ女傑で、この界隈の人間ならば彼女に逆らう愚を知っている。だから狼男も行儀良く引き下がった。アンナおばさんには狼も勝てない(彼女なら逆に狼を食っちまうだろう)。
「じゃあ、諦めるか。まあ、俺には愛しのグレイシアのパンプキンパイがあるしな。うっまいんだぞ~、彼女のパイは。今度分けてやるよ。ホクホクのかぼちゃにシナモンを効かせたフィリングは・・・・」
「とっとと行け!この、秋なのに脳内春男め!」
「ははっ!じゃあ行ってくる!ロイ、お前も元気でなっ!」
 狼男は大きく手を振って、それから背を向けて歩き出した。後姿が遠ざかり、仮装した人々に混じる。俺は、スープをかき混ぜながらその姿を見送っていた。
あいつが惚気るのはいつものこと。俺が、延々と続く惚気話に聞く耳持たないのもいつものこと。
どちらもいつものことで、何も変じゃないはずで。
でも俺は、どんどん小さくなる後姿に手を伸ばしたい衝動を必至で抑えて、スープをかき混ぜていた。
ぐるぐるぐるぐる。



「大佐、起きてください、大佐。職務時間中に居眠りをする給料泥棒まっしぐらな大佐、中央勤務になって新しい部下が出来ても目の前で居眠りをしてしまう上官の風上にも置けない大佐、起きてください。今すぐ起きてくださらないと、永遠に眠らせてしまいますよ?」
「うぉわっ!君はなんて起こし方をするんだ!今の、頚動脈すれすれだぞ!」
「ええ。もちろん狙いましたから」
「・・・・・・・・たまには上官愛護の精神を見せてくれ。世間がハロウィンで浮かれてるってのに私はこの部屋に閉じ込められているんだから」
「それが仕事です」
「・・・・・・・・愛が欲しい」
「愛なんて死んでも献上できませんが、パンプキンパイなら用意できますよ。先程、グレイシアさんが持ってきてくださいましたから」
「グレイシアが?なんだ、起こしてくれたらよかったのに」
「うっかり永眠させてしまいたくなるので、居眠りをしていた自分を棚に上げた発言はお控えくださいね?クリーニングに出したばかりの軍服に返り血を飛ばせたくないんです」
「・・・・・・・ごめんなさい」
「わかってくださればいいんです。ああそうだ、グレイシアさんから伝言です。『狼男から貴男におすそ分け』だそうです・・・・・・大佐?」
「・・・・・・・いや、何でもないよ」





 お節介な狼男に伝言。
『来年もまた来い!そうしたら、パンプキンパイの礼に、今度こそスープを分けてやるぞ(アンナおばさんにぶっとばされてもな)!』



【おしまい】

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。