コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

タロットカード

 ハマると1度は考えてしまう、この作品でタロットカードを作ったら、の妄想を昨夜してしまったので、下に書いておきます。マジで余談ですが。

●愚者
 これは、是非、若い頃の初代で!
 向こう見ずで大きなことばっか言って野望でギラギラしてて、まだ何も定まっていないエネルギーに満ちたお姿が、まさにイメージ。「夢想・愚行・極端・熱狂」はそのまま、「何らかの目的を持った旅人」説でも「完全に無計画な放浪者」説でもどっちでも正しい気がしますし。「自由」で「気紛れ」って、まさに若いぬらりひょん。

●魔術師
 夜リクオ様。
 「意志・手腕・外交」は、現在のリクオ様にピッタリですし、「物事の始まり・起源」「生まれつき備えた力」「意図的に己の能力を隠し大衆を欺く」とかも合うと思うので。「剣」はもちろん祢々切丸。

●女教皇
 つらら。
 「処女性」と「女性の神秘性・秘密」を有し、「清純」な「少女」で、光の闇の二柱の狭間に座するのだから、これはつららでしょう。魔術師がリクオ様ですしね。
 
●女帝
 羽衣狐(現代バージョン)。
 「母親」で「母権」で「妊娠」って、もう羽衣狐しかありません。このカードの元ネタが大地母神というのも、羽衣狐が死と再生系の大地母神の特徴そのまま備えているので、もう完璧。

●皇帝
 鯉伴様。
 「父性」と「統治」ならば、思いっきり男系の奴良組二代目総大将である鯉伴様しかないでしょう。300年以上の長きに渡ってお江戸と東京の闇を治めたのですから。女帝の依り代が山吹乙女なので、それもあって余計に鯉伴様。

●教皇
 牛鬼。
 「規律の順守」とか「信条」とかそれっぽいですし、「2人の従者」が牛頭・馬頭だと思うので。

●恋人たち
 首無と毛倡妓。
 「恋愛・絆」ですし、この2人は男女でペアの印象が強いキャラなので。そして、1人の男性を2人の女性が取り合う構図というのなら、白菊と紀乃と義賊さんが当てはまりますし。

●戦車
 青田坊と黒田坊。
 土蜘蛛もちょっと考えましたが、戦車に騎乗する若き王=リクオ様で解釈したいので、特攻隊長ズで。戦車を引くのは、白と黒のスフィンクスとか赤と青の馬とかなんですから、青と黒が引いたっていいじゃないですか。「行動力・突進力・援軍」は、やっぱり彼らだと思います。

●力
 ゆら。
 これはもう迷う余地も無く、ゆらさんで!「獣を従える乙女」は貪狼とゆらさんがピッタリ。「力・勇気」もピッタリ。

●隠者
 13代目秀元で。
 見た目だけなら27代目がピッタリですが、「助言・賢人の導き」の役目は13代目だと思うんです。

●運命の輪
 迷いましたが、夜リクオ様で。
 「幸運・転機・向上」とか、夜姿の覚醒が物語を開始させたことを考えると、こうかなと。

●正義
 竜二。
 女性キャラを配置したい気持ちはありましたが、力のゆらさんとのバランスや、「断罪・正当な判決」というのが合理的な竜二らしいし、嘘つきな竜二をここに配置するのが面白いと思いまして。

●吊るされた男
 柳田。
 犬神や首無とも迷いましたが、「犠牲・献身・報われぬ愛」とか「徒労」とか、正位置より逆位置のイメージから、つい柳田に。

●死神
 玉章(魔王の小槌を構えた)で。
 「死・離散・終局・再スタート」なので。鎌が魔王の小槌ということで。

●節制
 昼リクオ様で。
 「相反する要素の結合に至る様子」は妖怪と人間の仲介者だと思うし、「調和、自制、節度、献身」が奴良君っぽいです。

●悪魔
 山ン本。
 「暴力・黒魔術・誘惑・裏切り・拘束・堕落」ですから。そして、悪魔の身体が両性具有なのは、百物語組の妖怪に男女いることで当てはまりますし。悪魔の剣は、魔王の小槌でしょう。跪く従者は、鏡斎・野風・珠三郎・園潮あたりからチョイスできるかと。

●塔
 晴明。
 「自分達の作り出したものを絶対無二の存在とし、他のいかなる存在も認めていなかった」とか「悲劇・悲嘆」とかが晴明っぽいですし、彼自身は他者からすれば「災害」でしょうし。

●星
 珱姫。
 「希望」であり「明るい見通し」なので。節制との類似性も、この配置ならピッタリかと。

●月
 山吹乙女。
 「隠れた敵・幻想・失敗」とか、もう、ね。正位置の意味が当てはまりまくるのがもう、ね。
 
●太陽
 若菜。
 「幸運な結婚・満足・誕生」は、若菜さんかな、と。子供はリクオ様で、昼夜だと考えれば双子描写もありかな、と。
 
●審判
 御門院一同(黒装・白装含めて。晴明は含めず)。
 「復活」とか「御使い」とかが、そうかなと。

●世界
 奴良組一同(総大将一族含めて)。
 「成功」と「成就」と「完成」と、「始まりであり終りである」っていうのなら、原作最終回「ぬらりひょんのひ孫」での奴良組とかがまさにそれだと思います。3代目の物語が完成して成就して終り、だが四代目の物語の始まりでもある、みたいなー。



 趣味にお付き合いくださって、ありがとうございました。
 しかし、ぬら孫、キャラ多過ぎる!
 土蜘蛛も清十字団も魔魅流君も狂骨の娘も園潮師匠も入れられなかった・・・・いや、園潮師匠は悪魔のカードの跪く人の役を振って「裏切り」を象徴してもらばいいか。
 園潮師匠は教皇もありかと思ったのですが・・・・・そうなると牛鬼さんは隠者にしたいですが、まだ隠居して無くてバリバ現役なのでしっくりこないし。
 京都編までなら、審判はしょうけらでしたが、現在なら御門院ご一行かと。
 柳田が、自分で配置しておきながらこいつが1人で1枚って物語における重要度的にどうなのか、という感じでなんか悔しいですが。うーん、犬神の方がいいのかなー。改造の経緯が判明しててアレな感じだったら、魔魅流君を吊るされた男にしたいですが、最近OSが進化してちゃんとお話しできるようになってたからイメージが合わないかな、と。
 清十字団入れるとしたら、昼夜統合で魔術師にして、節制にしてみるとかかな。
 土蜘蛛入れるとしたら、力のゆらさんとこにお邪魔してタッグを組ませてみるしかなさげですね。
 
 あー楽しかった!
 
 
  


 
 
 
 

 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。