コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

Sal humor ――【冗談】。もしくは、【おそらく間違い】――

 鋼の錬金術師。ロイアイ。

「貴方を愛しています」
 貴方が言えとおっしゃるので、言ってみた。なんだか上手く言えなかった。喉の奥に何かが詰まったような声になった。
 貴方の部屋は散らかったままで、居心地が良くない。座らされているソファカバーの大きさが微妙にずれているのが、とても気になる。凝り性で好きなこと以外に集中力を裂くのが不得手で仕事が忙しい貴方は、どう考えても家事に向いていない。早く誰かに住居を管理してもらうべきだと、私は心の底から思う。
「貴方を愛しています」
 もう一度とおっしゃるので、もう一度言ってみた。でもやはり上手く言えない。引きつった声になる。
 貴方の部屋は本の匂いがする。大量の本が乱雑に置かれていて、貴方は自分はこの配置を把握しているからコレでいいとおっしゃる。だから、私が勝手に片付けることも出来ない。貴方が必要とする時に見つからなかったら困るから。そのため、私は今、散らかった部屋で手持ち無沙汰にソファに座っている。
「貴方を愛しています」
 もっと本当っぽく言ってくれとおっしゃるので、努力をしたつもり。けれど、語尾が裏返って胡散臭い言い方になった。
 貴方は凝る時には凝るヒトなので、ワイングラスはいつもピカピカで水周りだって綺麗にしているが、出した物を片付けるのが億劫らしく洗濯したタオルは棚の外に無造作に置かれている。私としては、せめてあのタオルだけでも埃を被らない場所に片付けたい。せっかく洗濯したのだし。
 ぼんやりとそんなことを考えていたら、もういい、と吐き捨てて、貴方は家を出て行ってしまった。




「貴方を愛していません」
 独りになった家の中で試しに言ってみたら、さっきよりは上手に滑らかに言えた。
 そのことに気を良くして、ソファから立ち上がる。まず、タオルをしまって、広げたままの本を閉じて、叩きを掛けて床も掃除しよう。ココは貴方の家なのでそのうち貴方は帰ってくる。それまでに、台所で食料の賞味期限をチェックしてから、何か温かい物でも作りたい。そして、今度来る時はこのソファにピッタリのサイズのソファカバーを持ってこよう。
 仕事中でもあるまいし迎えに行くのは面倒なので、適当に帰ってきてくださいね。貴方が帰ってきたら、温かい食事を用意して迎えてあげます。



 ああ、私たち、おそらく間違えているのね。何もかも。
 でも、私には、いつどこでどれくらい間違えてしまったのかが、ちっともわからない。
「・・・・・そして、私はそれでいいのです」
 
あら、今度はちゃんと本当っぽく言えたわ?

【end】
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。