コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

今週のリクつら(WJ&アニメ感想)

 大人の雪見大福美味しいですね!売ってるところ少ないけどおススメです!

 ・・・・・じゃなくて、本誌の感想ちょっと出遅れたので、一緒に書いてしまいます。
 まずは、他の感想。


ハンター

 設定とか制約とかルールとかゲームとか言い出すと、富樫先生は上手いですよね。
 週刊誌では、てこ入れの為にそういうのをライブ感で出して扱いに困っている姿をよく見ますが、この人は、そういうのを使いたいが為のストーリー展開にしている気がします。
 SFは設定と構成が命ですが、お話作りがSFに近いのかもしれませんね。
 カナリア再登場嬉しいなー・・・・・・でも、ちょっと死にそうなポジションなので怖いです。生き残って欲しいなー。ぽっと出の執事アマネは確実に死ぬと思いますが。
 ゴンに声掛けてたメンバーにクラピカとレオリオがいないのが気になります。センリツもいるのに、何でいないんだろ?修行でもしているのでしょうか?


アニメ銀魂

 モブの中に、サンライズ作品コスしてる奴らを多々発見(笑)。さすが、銀魂スタッフ。
 
 
 では、以下に、本誌とアニメのぬら孫感想入れておきます。 
本誌感想


 首無、お疲れ様!
 珠三郎、今回にて退場ですが全身図が出ましたね。
 ていうか、捕らえて、幻術系の妖怪が情報聞き出したり出来ないんでしょうかね。わりとすんなり話してくれそうな気がするんですが。

 カメラ移動して、深川。
 ああ、前回橋の上にいたのは、飛び降りて川にいる妖怪とバトルするからだったのか・・・・・・あんな高い所から、しかも冬なのに川に飛び降りるのか、竜二本当に大変だな。あ、でも、水系の術者だから、自分の式神に乗って降りてきて、川には入ってないかもしれませんね。それでもかなり寒いだろうけど。
 
 イタク先生真面目だなー。自分に直接関係なくて誰より部外者なのに、かなり真面目に戦ってくれている。
 しかし、奴良組のノリはこういう感じである。ラブが絡んでないだけまだマシなのです。諦めてください(笑)。
 土蜘蛛とのバトルの時に、バトル中にラブコメも入るということを理解していたのかと思ったけれど、寺の中でのスーパーイケメンタイムは見てなかったから、きっと認識が足りなかったのでしょう。
 でも、これぐらいの軽口はいいコミュニケーションだと思うので、イライラせずに頑張ってください若先生。

 新技出ましたね。
 これは、ポーズがちと微妙ではありますが、技としてはイイと思います。
 明鏡止水・桜は雑魚一掃技としては有効ですが、突然懐から大盃を取りだしてという絵面が激しいバトル展開にはちょっとそぐわない感じで、長いこと出してくれなかった気がするので、剣使ってくれるならありかと。
 これは、二つの剣を打ち合わせて生じた火花に畏れ乗せて増幅して劫火を産みだすような技なのかな。
 ・・・・・あの、リクオ様、これ、使う時はつららの位置関係によく注意してくださいね?つららが敵の後ろとかにいて見えない状態で使われると怖い技かと思います。

 つらら、リクオ様の新技にリアクションしてしまう気持ちはわかりますが、気をつけて。
 この後の戦闘は、黒VS柳田(柳田敗走して黒もそれを追いかけて地下へ行ってリクオ様と合流)、イタク単独戦闘(VS鼻さんとかで)、竜二と園潮の言霊合戦(園潮は負けたふりして退場する)、山ン本ロボVSつららを畏襲たリクオ様、とかですかね。
 
 園潮の裏切りフラグ確定ですね! 
 やっぱり晴明派かなー。
 そして、脳の小物ぷりったらさすが山ン本さんである。なんか、普通は頭脳派だろう『脳』なのに作戦立ててないっぽいし。

 脳たちがいる場所とリクオたちの現在地は違う場所かと思っていたけど、近いのかな?
 いや、あそこの扉から地下鉄通路に通じていて、そこを通っていくと脳たちの現在地で、そこが地下鉄少女の場所なのかな。

 柳田と黒のバトルはあると思うのですが、柳田は、園潮が脳を裏切った時のリアクション要員なのかな。
 今はこそこそ逃げながらネットに書き込みしてて、黒に発見されて逃げ出し、逃げながら山ン本ラブが高じてロボが動き出すとこどうしても見たくなって地下に向かったら、裏切りイベント目撃、そこに黒がやってきて、となるのかな。

 ゆらの名前が出てたから、そろそろ再登場っぽいですね!
 山ン本ロボ撃破、しかし園潮師匠の策略は成功、となった場に刀持って現れたりするのかな?
 で、竜二との時差については、竜二はそもそもリクオに用事があって東京に来てたところで毛倡妓を発見した→そこからゆらに連絡を取った、としても移動時間かかり過ぎで不自然だよなぁ。

 いや、竜二は魔魅流君あたりに、「東京で百物語組とやらが奴良組とやりあってるらしい。こないだから俺が調査してた奴らだ。もしかしたらこの機に乗じて京都でも何かあるかもしれんから、気をつけておけ」とか言っておいて、魔魅流君だからゆらにこの話をわざわざ伝えるという回路がなくて、ゆらとの会話の途中でぽろっと出てきたのをゆらが突っ込んで事態がゆらに伝わり、ゆらがそこから急いでやってきた、とかなら時間の問題はクリアできそうな気が。
 竜二がゆらに伝えなかった理由は、今後の為に奴良組が負けたら困るし恩を売っておくべきだが、大事な次期当主ゆらをわざわざ派遣することもない、しかしゆらは話を聞けば来てしまう、だからイエスマンな魔魅流君に伝言、とか。

 竜二の技が、何気に凶悪でシビアで素敵です。
 この技は、相手の畏れガードが低いと発動可能、畏れガードが高いと発動不可、な技のような気がします。雑魚相手には使えるけど、幹部クラスだと相手のガード崩してからじゃないと使えない、みたいな。

 竜二とつららが会話してますが、つららは竜二をなんて呼ぶんだろ?妹呼び捨てなのと同じく呼び捨てかな?
 京都でのゆらつら共闘が良かったので、竜二とつらら共闘してくれたら楽しそうです。お互いに水系だし。竜二の式神で敵の周りを囲んで、つららがそれを氷柱にして貫いて倒す、とか。




アニメ感想

 
 今回も、土蜘蛛さんはマジ紳士でした。
 ホント、もうね、ラブコメとかスーパーイケメンタイムとかの間待っててくれるというのが、バトルマニアならではですよね。土蜘蛛さんにとっては、命懸けの遊びなんだろうな~。
 
 イタクの心理描写多かったですね。
 アニメオリジナルで修行シーン割増に出来るアニメじゃなくて、二期アニメは原作以上に駆け足だったから、リクオを信頼するに至った過程を示唆して、流れに違和感がないようにしたんでしょうね。

 つららの「お断りします」可愛かったです!
 羽衣狐と初代のやり取りは緊迫感がありましたが、こっちは土蜘蛛さんがどこまでもラブコメを待ってくれるから、なんというか、プロレスのショーみたいな感じがします。殺すのが目的じゃないというか。

 青が来てましたね!
 お留守番要員になりがちな青なので、これは良い改変。
 ならばきっと、側近の戦闘シーンをやってくれるのでしょう!期待します! 
 
 幻影の若初代・・・・さすがの色気。
 ていうか、羽衣狐(全裸)と若初代なんて、ぬら孫お色気2トップなので、画面の色っぽいこと!
 ・・・・・うっかり茨木童子に斬られたとこは、下腹部を注視していたからだと思います。京妖怪視点からすると、ぬらりひょんは自分らの美しい女主人の全裸の下腹部を物影からじっと見つめている爺さん、だったよなと考えると斬られてもしょうがない気がする。すごく(笑)。 

 狐様、肌の色が人っぽくないからこそ、人外系の美しさがありました。
 そして、狂骨の娘可愛い。

 鴉天狗は、本当に有能ですね!カッコよかった!
 
 矛盾した台詞は改変されててほっとしましたが、夜雀登場の流れは原作と一緒。
 うーん、二期スタッフは、万が一三期が可能になった時の為に伏線を消さずにおこうとしてくれてるのかな。

 予告にリクつらシーンありましたよー!
 うわー、ホントに近い近い抱き締めすぎだ!
 リクオ様つららを庇い過ぎシーンがアニメで見れるなんて、嬉しいなぁ!


 じゃ、掲載順位マジ怖かったので、アンケート出してきますっ!!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。