コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

にがいおくすり

 鋼の錬金術師。ロイアイ。

 何かが。そう、何かがおかしくてバランスが狂っていてまっすぐ歩いているはずなのに斜めに進んでるようなそんな気がしたので(まあそんなことはよくあることですが)、ふと目を閉じてみて。
 ぐるぐる。
 ぐるぐるぐるぐる回ってる。回ってる世界?否、回ってるのは私の海。赤い温水。ミキサーみたいにぐるぐるとシェイク。全てが、全ての感覚がシェイク。
 ああそうか、だからおかしかったのか。
 でも困った。今日は薬を飲んでくるのを忘れた(この時点で既におかしい。いつもなら薬で症状を多少なりとも抑えているのに)。幸い今日はデスクワークばっかりで、コレならば真面目に慎重に何度か見直しをすれば(平常よりかは能率が下がるだろうけれど)なんとかなるはずではあるけれど、でもこんな職業だからいきなり外仕事が入る可能性だって充分にあって。ならば、こんな状態でい続けるわけにはいかない。でも、ここの医務室にある薬は、身体に合わない。
 どうしよう。
 なんていう緩やか過ぎる思考の流れがもう既におかしい。
 私は瞬時の判断を求められる職についていて、判断力はあるつもりだったのに、問題が生じた時点で、対応策を2つ3つ考え付いてるはずなのに、いつもなら(なのに今はこの有様。これは良くない傾向)。
 ああ、ダメだ。どうしょう・・・・・・・・・





 そんな気持ちを顔に出したつもりはなかった。
 いつも通り、書類を整理して、書類をチェックして。ちゃんと出来てた。
 なのに、貴方の机の上に資料を積み重ねた時、貴方がこの手を掴んで言った台詞。
「辛いのなら、ちょっとソファで寝ていたまえ」
 どうしてそんなことを言うのか。どうしてそうやってわかってしまうのか。
 私は、この現象や薬を飲むのを忘れたミスなどではなく、コレほどまでにたやすく貴方に読み取られてしまう自分の浅はかさが、さすがに恥ずかしくなって、下唇を噛む。
 「・・・・・・平気です」
 セクハラですとか言ってやりたかったけど、今の貴方の声には揶揄する色なんてちっともなかった。大げさに心配する様子でもなくって、ただの何気ない気遣い。家族にするみたいな、そんな感じで。
 だから私は貴方の手を乱暴に振り払えなくて俯く。
 もう大人なのに、子供みたいだ。カッコ悪い。






 俯いた私の手を、貴方がぐいっと引いた。バランスを崩した私は、椅子に座る貴方の肩に倒れこむ。慌てて退こうとしたけれど、手を掴まれたままなのでジタバタと蠢くばかり。
「ちょっと大人しくしていなさい。特効薬だよ」
 そう言って。耳に響くその声でそう言って、頭を撫でる手。肩を撫でる手。背中を撫でる手。その手に溶かされてしまった私は、真夏のバターみたいにぐにゃりとだらしなく力が入らず。
「・・・・・・自惚れ過ぎじゃないんですか?」
 貴方にぺったりと貼り付いて貴方の感触を味わっている状態では、台詞も決まらない。ああ、私、カッコ悪いわ。
 私の強がりだとか意地だとかカッコ悪いところを全部知っている貴方(そういうの知ってて私を嫌にならない貴方が、心底不思議です)は、つまらない悪態なんか受け流してくつくつと笑う。
「私は事実を知ってるだけだ。まったく、君は本当にどうしようもなく、私を好きだね」 
 ええそうです。私は貴方が好き。
 こんな時(月が満ちて私の海が渦巻く時)は他の男性に触られるとぞっとする。大事な同僚ですら、触られると鳥肌が立ちそうになる。なのに、貴方の手だけは心地好い。
 「触らないで」とその手を跳ね除けることなんかできなくて、みっともなく「もっと撫でて」と縋ってしまいたくなるほど(できませんけど)。
 目を閉じる。さっきまで荒れ果てていた私の海が凪いでいる。断続的に続いていた下腹の痛みすらきれいさっぱり無くなっている。
 なんていう薬だろう。こんな万能薬他に知らない。
 だから私はこの薬を服用することを止められないのだけれど。
「ま、あんまり無茶はするな。で、薬は多めに買って自分のロッカーにも入れておくように。君って私の世話は完璧なのに、自分の世話は時々抜けてるからね。今日は一緒に帰って一緒にどこかで食べてこよう。私はピザが食べたい。それから、君の家に行こう。安心したまえ、変なプレイとか要求しないから。何もしないで、君を抱っこして寝てあげよう。うーん、私は紳士だなあ。こんなに優しくしては、君がますます私を好きになってし」
 私は、恥ずかしいことをべらべらしゃべり続ける特効薬を黙らせるべく、経口摂取することにした。






 このお薬の何が困るって、習慣性がきつ過ぎることです。おかげで私は、すっかりジャンキー。
 ホントに、苦くて、甘くて、困ったお薬だこと。


【おしまい】
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。