コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

今週のアニメのリクつら万歳!④(「高砂や」出張版)-雪女の畏れ、恐るべし-

 「高砂や」シリーズ出張版、今週のアニメの感想を、鴆様・良太猫・清継君・島君にメタ的に語ってもらう企画、その④。

 あんまり素敵だったので長々と語って参りましたが、これにて終幕でございます。
 では、以下へどうぞ。
「さて、Bパートもそろそろ終盤。ラブコメ結界も無事に解けて、設定説明も終り、今回はこれにて終了か、と原作未読の方が思っただろうタイミングで、土蜘蛛が登場だよ!土蜘蛛が好戦的なバトルマニアで、戦う相手を求めているという伏線があったから、ハラハラするね!」
「・・・・・だから、何故、お前が仕切ってんだ、清」
「まあまあ、鴆様。土蜘蛛は、これまでの敵とは異色の存在なんで、存在感がありますよね~」
「異色って、どういうとこがっすか?あ、大きいから?」
「大きさもそうですが、それ以上に、キャラクターのスタンスが異色ですよ。この漫画、主人公側も敵側も含めて、バトルに臨むスタンスは、概ね、①非道を見過ごせないから、②大切な特定の誰かの為に、③権力欲、の3パターンでした。総大将一族は、概ね①(過去編初っ端の初代の理由は③ですが)、羽衣狐は②、玉章は③、花開院は①と②、配下の百鬼たちは②。①も②も③も、『バトル』は手段であって、目的ではありません。ですが、土蜘蛛は、この作品で初めて登場した、『バトルを目的とする』キャラクターなんです。もっと言うなら、百鬼夜行システムは、将棋のような物で、途中の展開や残ってる他の駒がどうだろうと、敵の大将を落とせばそれで戦闘終了です。ですが、土蜘蛛だけは、このシステムから離脱しているんですよ」
「こういうバトルマニア系のキャラクターは、先の展開が読めないんだよね。倒した後味方になることもあるし、敵のままで再戦を挑んでくることもあるし。なんにしろ、他に捕らわれるしがらみを持たないからこそ、キャラクターとしての自由度が高くて、展開を面白くしてくれるタイプだ」
「というわけで、引きまでイイ感じの回だったな。次回は、つららが浚われる回だし、今後も目が離せねぇな!」




「EDは、また、及川さんとゆら君と家長さんが歌ってるね。でも、これまでとは随分感じが違うよ」
「1クールのEDは、かわいいこたぁ認めるが、物語に全然合ってなかったからな。状況も謎過ぎたしな」
「あの3人が仲良く買い物に行くシチュエーションが、どうしても思いつけませんでしたからねぇ。鳥居さんと巻さんも一緒にいてくれたら、清十字団女子全員での用事かと解釈できたんですけどねぇ」
「今回の曲は、しっとり落ち着いていたね。絵は、画面の効果が、石に絵を彫っているような、そんな感じだった。それで、奴良家の総大将とその仲間を同じ構図で描いて行くから、なんというか、歴史を感じるよ」
「三代記、というのを前面に出している感触だな。この後四代目があるんだろうな、と思わせてくれるぜ」
「個人的には、鯉伴様のところに雪麗姐さんがいらっしゃるのが、雪麗姐さんの主は初代だけ派としては気になりやしたけど、初代のとこに珱姫様がいらっしゃるんだから、『下僕』枠じゃなく、『この時代の仲間』枠で入ってるなら、納得しやす」
「えーと、チームは何種類かな?最初に、家長さんと花開院さんと及川さんが出て、三代目チーム・奴良君+遠野衆・奴良君+花開院兄妹・京妖怪・初代チーム・二代目チーム、そして再度奴良君のチームだね。奴良君が、原作初期衣装→遠野編衣装→京都編衣装、と衣替えしているのが面白いね」
「リクオのチームは2回出てるが、最後のシーンには、側近衆とオレ以外に、猩影と邪魅が追加されてたな。これは、猩影のデレの理由描写やってくれるかもな。オレとしちゃ、弐條城での決戦時に、リクオの戦いっぷりに感服を受けるようなそんな1コマが入るといいと思うんだが」
「弐條城の戦いのシーンでは、二期スタッフならば、側近たちの戦いのシーンを追加してくれんじゃないかと期待してるっす!及川さんと狂骨の娘の対決とか、希望っす!」
「その場合は、及川さんと倉田君、狂骨の娘とがしゃどくろ、とかのタッグだと尚嬉しいね!」
「茨木童子は、首無の兄さんと毛倡妓の姐さんのタッグですよね。じゃあ、鬼童丸は、黒田坊さんと猩影の親分・・・よりは、淡島かな。猩影の親分は、がしゃどくろ用の要員として、青田坊さんとこに助っ人に入ってもらうとかがいいですね。イタクは淡島の助っ人とかで」





「さて、今回はCパートがあったよ!その内容だけど・・・・」
「及川さんktkrーーっ!!うぉおぉっ、ほほ染めてる及川さん、マジ天使っ!!金色の雪女の瞳もいいけど、藍色の瞳も捨てがたいっす!!どっちかなんて、オレには選べないっすよ!ああ及川さん、オレはどうしたら・・・・」
「島君、落ち着いて。選ぶ権利があるとしたら奴良君だけだし、奴良君はきっと、選ばずにどっちも自分のだと言うだろうから、君は悩まなくて大丈夫だよ!安心して!」
「清、お前、何気にアレだな・・・・。えーと、今回のCパートは、学年五本指って誰が言い出したのか、という謎が解けたネタだ。つららは、Cパートでもキラキラしてたぞ」
「男子中学生のテンションの変化がすごいですね。こっそり観察・観賞→人目もはばからぬ求愛・・・・・何があったんですか?」
「あー、そりゃあ仕方ねぇ。雪女の畏れだ」
「鴆の親分さんっ!どんな畏れなんですかっ!?」
「ぐほっ」
「清継君っ、落ち着いて!鴆様の胸倉掴んで揺すっちゃダメです!」
「あ、これは・・・・僕としたことが申し訳ない。鴆の親分さん、大丈夫ですかっ!?」
「ごほごほっ・・・・あー、大丈夫だ。で、雪女の畏れの話なんだが、雪女っつーのは本来、雪山に迷い込んだ男を虜にして精気を吸って殺しちまう妖怪なんで、ぬらりひょん一族が無意識に百鬼を魅了しちまうように、雪女も意図してないところで畏れが漏れて男を虜にしちまうんだ。魅了にやられやすい奴とそうでない奴がいるんだが、元々が自分が死ぬことにも気づかなくさせるレベルの魅了の能力なんで、一度やられちまったら強力で、理性が吹っ飛ぶらしいぞ。おまけに、基本的に解けないんで、魅了の効果はえらく長く続く。下手したら一生」
「そっ、そんなに強くて長く続くんですか!?それじゃあ、呪いに近いじゃないですか!」
「呪いだな。島を見てたらわかるだろ」
「怒ってる及川さんも可愛ェェェ~~~っ!!オレも怒られたいっす!」
「・・・・・呪いですね」
「な?」
「いつもあれだけスルーされてるのに、島君の呪いは全然解けてませんからねぇ。牛頭丸さんの呪いも解けてないですし。猩影の親分も・・・・」
「リクオも、口半開きで手紙全部読んじまうぐれぇだから、呪いにやられてんよなぁ」




「気を取り直して、予告の話をしようじゃないか!土蜘蛛はさすがの迫力だね!」
「だから何故お前がしき・・・まあ、もういいけどよ。鵺ヶ池の羽衣狐は静の迫力、土蜘蛛は動の迫力、て感じがしたな。京妖怪のターンだ」
「今週のジャンプのアニメ情報のページ、首無の兄さんの無双の話をしてるから1週ミスってるのかと思いましたが、土曜日発売だったから、勘違いしちまっただけでした。次で、土蜘蛛無双→浚われ→牛鬼様登場してリクオ様は修行へ、その次の回で、首無の兄さんの無双と青田坊さんの現状のようです。初代が鵺ヶ池に行くシーンもそのうちあるはずですし、弐條城での決戦までは、結構、カメラがあっちこっちしそうですね」
「原作で矛盾が生じている台詞は、きっと修正してくれるだろうね。二期スタッフなら。そして、及川さんが空から落ちてくるシーンがあれだけキラキラだったんだから、鬼纏の口説き文句あたりは、間違いなくキラキラにしてくれるだろうね!」
「きっと、また、そこだけ違うアニメみてぇになるんだろうな・・・・いいぞ、もっとやれ!」





「では、予告まで語り尽くしたところで、やたら長く続いたこのアニメ感想も、終わりにしたいと思います。その前に、島君から、感想纏めをいただきます。島君、どうぞ」
「何故、島が纏めなんだ・・・・?」
「えっ、オ、オレが纏めっすか!?オレ、うまく言えないっすよ!こ、こういうのは清継君の方が・・・・!」
「島君、君なら出来るよ。感想なんだから、難しく考えなくていいんだ。君の心に1番強く浮かぶ言葉を、そのまま口にすればいいんだよ。さぁ、言ってごらん?」
「で、では、僭越ながら島二郎、今週のアニメの感想を纏めさせていただきます。オレの感想は・・・・・」


「おめぇ何なんだよ奴良リクオォォォォォォッッッ!!!チクショーっ!!リア充末長く爆発しろぉぉぉぉぉッッッ!!!」


「ああっ、島君が、血の涙を流しながら顔芸して走り去っていくよ!」
「・・・・・・なるほど。この為のゲストだったのか」
「はい。この為のゲストでした。島君、魂の叫びをありがとうございました。成仏してください」
「島君、さすがに足が速いね。もう姿が見えなくなってしまったよ。ではでは、PCの向こうのお客様、次は今週の本誌感想、アニメ感想、と更新になるかと思いますが、来週中には『ぬらりくおの嫁』本編をUPしますので。本編もよろしくおねがいします!」
「だから、なんでお前が仕切ってんだよ・・・・・」



【おしまい】

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。