コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

今週のジャンプ

 なんか長くなったので、ぬら孫感想とはわけておきます。 


めだか

 アニメ化ですか。
 やっぱり2クール?うーん、球磨川君が出るとこまで出来るのかな?二期制にして4クールもらえるなら、1期で球磨川君出るまで、2期で球磨川君出るとこから、と出来るけど。
 2クールしかなくて変則的な作りにしてもいいと思うのなら、最初に副会長をシークレット状態にして現在の生徒会を出して、善吉あたりに回想させる形で、球磨川君登場付近から物語を見せるとか。纏めて物語を把握できるOAVや小説ならともかく、テレビ放送アニメでそれはちょっとアクロバティック過ぎるか。
 だったら、できるだけはしょって進めるということで、1話の時点から喜界島さんと高貴君は生徒会入ってる状態でスタートして、1クールで十三組、2クールで球磨川君とか。
 半袖ちゃんと雲仙くんと怒江ちゃんと球磨川君の出番と、善吉とめだかちゃんの出会いシーンは、見たいと思っていますが。

 本編。
 遠方から見ると2人がずっと、ほとんど同じ位置で会話をしているだけの回ですが、とてもよかったと思います。
 物語の転換点ですし、個人エピソードとして球磨川君関連は面白かったけど他はぬるい感じがしてた悪平等編のこれまでが、全部ここに到達する為に積み重ねた物だとわかる構造でした。
 そして、ジャンプ大好き西尾維新の本領発揮(笑)。だけど、時々、無理とか無茶とかなとこがあるのが、面白い。とりあえず、孫悟空のように強くなるのと、マサルさんレベルの剽軽さを身につけるのは、問題があると思うぜ善吉。剣心の優しさ、というのもちょい納得いかんし。
 ていうか、全部兼ね備えたキャラクターは・・・・・傍から見たら人格崩壊してるように見えるんじゃなかろうか。そして、よく読むと、人格的なところを評価されているキャラクターと、そうでない部分を評価されているキャラクターがいて面白いですね。

 少年マンガの基本スタンスは「理想の自分になって幸せになる」で、だからこそ、「強くなる過程で友達が出来たり恋が実ったりして、恋愛は強さの成功報酬みたいなことがある」気がします。でも実際は、修行に明け暮れる孫悟空にチチが切れてたように、成功と人間関係的な良好さは必ずしも一致しないでしょうねー。
 少女マンガの基本スタンスは「そのままの私を受け入れて」だと思うので、少女マンガのヒーローは、「ヒロインを自分に都合のいい萌え記号として解釈するだけじゃ済まずに、どれほど面倒くさくとも理解して受け入れなければならない」ので、「成功=人間関係の良好さ」を否定する描写が入ったりします。そうじゃないと、女性読者の共感を得られませんからね。
 ヒロインを理解すること、をヒーローに求めるのは、少女マンガと、ひぐらしとかうみねこみたいな作品かと思います。めだかのポジションは、どうやら、後者。
 めだかちゃんは、ヤンデレ系ヒロインとして解釈するのが正しいような気がしました。通り一遍の行動じゃ全然心を掴めなくて、彼女の問題点を理解した上で効果的な対応をしないといけないあたりが。  
 どっちの道を選ぶにしても、がんばれ善吉。とりあえず、現時点でのめだかちゃん内立ち位置は、球磨川君に負けてると思う。

 次週、楽しみです。




ハンター


 効果だというのはわかるのですが、これまでの前科が前科なので、手抜きにも思えました。
 見開きに1コマずつぐらい、2人を映さずに荒れて行く部屋の様子を映すとかしてもよかったんじゃ・・・・



銀魂

 長谷川さんが「ただのマダオ」ではなく、「ハイレベルなマダオ」であることはわかった。
 だがしかし、マダオはどこまで極めてもマダオなんだよなぁ・・・・・


ぶりーち

 わたしは、個人的に、守るモノがあるのならば、屑になってでも生き延びねばならんと思いますがね。
 ワンピのサンジレベルで貫いてくれるなら受け入れますが、戦っておいて、その台詞はさぁ。

 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。