コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

アニメ感想

 今週、DVD発売ですねー。
 特典CD、2巻が花開院なら、3巻は京妖怪でしょうかね?
 以降でありそうなのは、奴良組(青・黒・首・毛・河童・納豆小僧他)、遠野衆かなー。
 わたしとしては、伏目稲荷での再会~つらら浚われ~修行~鬼纏の巻で、片手☆サイズとマネージャーリクオをやってくれたら嬉しいのですが。

 では、以下にアニメ感想入れておきます。

 今回、宝船での戦闘がちょっとテンポ悪かった気がします。
 カメラを回してくれたのはいいのですが、カメラ回した先でキャラを動かして欲しい。
 全体的に、もうちょっとテンポを速くしてくれないと、イタク早く斬ろうよ、と思ってしまいます。
 納豆小僧とかの小物の台詞がちゃんとありましたが、あれ、テンポ悪くなるなら省いてもよかったんじゃないですかね?



 猩影君の不穏フラグが入っていた件について。
 えーと、アニメスタッフ様、お願いがあります。
 弐條城の戦闘中に、こんな大規模戦闘初めて(四国戦とは敵の総数と危機感と戦力が違う)な猩影君が、闘うリクオを見て何か変わる、みたいなカットを入れてください。鬼纏見て驚く、みたいなやつ。
 これでリクオを認めた、という感じで不穏フラグ回収をお願いしたいです。


 あと、漫画で読んでる時は思わなかったが、鴨川の浅さにツッコミたくなった。猩影君はどこに立っているのだ?
 ・・・・土砂が集まって、水面下では中州的になっている場所があるとか思っておこうかな。



 花開院のターン、どう見ても花開院側の中心人物は13代目です(笑)。
 漫画からしてそうでしたが、声と動きがつくと、さらに27代目の存在感が危ういです。

 
 そして、つららきたー!
 お久しぶり、つらら!


 Cパートでゆらの部屋が物置きになった小話をやるかと思っていたら、やりませんでしたね。
 次回の総集編がゆら視点らしいから、そこに入れてくれたら嬉しいのですが。


 つららは、大変いいことを言っております。さすが、若の嫁だ。
 いや、マジに、過去編の山吹乙女は鯉伴を理解した上で自分に出来るのは信じて待つことだと語ってましたが、つららはリクオ様を理解した上で自分に出来るのは信じてついて行くことって語ってる、という対比のような気すらした。
 山吹乙女と出会った時点である程度の年齢(珱姫が生きている間に結婚報告したはずだから、40歳ぐらいかな)になっている鯉伴は、信じて待つのが正しいのでしょう(若菜さんもそうしてますし)。
 でも、まだ12歳で全てを背負うことになったリクオには、信じているからこそ一緒に行って支えるのが正しいんじゃないかな。
 アニメスタッフさん、ここ、もっとキラキラした効果が入ってもいいとわたし思いました。
 ていうか、わたしの脳内ではかなりキラキラしていたので、「あ、あれ、部屋が暗い。もっとつららを輝かせてよ」と、ちょっと思った(笑)。

 ま、伏目稲荷での再会シーンがキラキラしてくれるかもしれないから、そこに期待しておこう。



 1クールラストで京都到着!、としたかったが為に今回はこういう形になったのでしょうけど、ラストはとても良かったと思います。
 土彦とかホントね、原作だと、何しに京都来たの?だから表紙入れてもらえなかったんじゃ?、と言いたくなるような活躍具合ですからね。あ、働いてるなーというのを見せてもらえてよかったです。
 でも、毛姐さんにも働かせてあげて(笑)。
 まぁ、毛姐さんにはグレた首無を宥めてタッグマッチ、という見せ場があるからいいのですが。

 邪魅の語りが入ってたのは、ちょっと驚きました。
 邪魅編削られたから、アニメしか観ていない人にはわかりにくかったのではなかろうか。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。