コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『ノルンの空言』  スクルドは言葉も無く

 鋼の錬金術師。エドウィン。

 言葉を。
 あの時、道の向こうに消えていく一対の後姿を見送ったあの時、言いたい言葉があったはず。絶対に何かあったはずなの。
 でもわかんなかった。胸を塞いでた言葉になる前の靄は、言葉にならず涙になった。
 弱くって泣くことしか出来ない女の子の、涙に。





 言葉を。
 あれからも何度も、あの背中を見送った。そんな時、瞼の裏に焼きつきそうなほど、食い入るように見つめるのだけれど、でも、言える言葉は「いってらっしゃい」の一言。
 他にも言いたいことがある気がするの。あんたたちがどう思ってるかなんて知らないしわかんないし、どうせ向こうもわかんないと思ってるだろうけど、でも、後姿を見送る間、いつも一瞬、引き止めたいと囁く指がピクリと動くことはきっと知らないね。
 知らなくていいよ。
 伝えたいのはきっと、そんなことじゃない。



 
 言葉を。
 何か言うべきだと思った。言うべき台詞があるのだろうと。
 閃きの領域を超えて確信と呼ぶべき強さで、そう思った。
 だってだってだって。
 鋼の腕は淡いピンクの爪を携えた腕になってたし、初めて見るのに見慣れた気がするのは、成長した彼の顔(案の定背は高めだね)。金髪の兄弟が並んでこっち見て笑ってる。
 だから、言おうと思ったの。お祝いの言葉?驚きの台詞?
 なんでもいいから、いっぱいいっぱい言うことがあると思って。そう思って。
 なのに何も言わずに走ってって抱きついた。止まらない涙のせいで、言葉なんか紡げない。
「ウ、ウィンリィ?」
「相変わらず泣き虫だな、お前」
 この腕の中の二人がなんか言ってるけど、そんなの知らない。今大事なのはそんなのじゃないでしょ。そう、もう要らない。
この満ち足りた幸福感を言い表せる言葉なんて無い。表せるのは、涙だけ。



 涙だけ。




【end】
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。