コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ぬら孫アニメ二期第一話!

 以下、ぬら孫 アニメ二期 第一話の感想です。
 ネタばれしてますから、ご視聴まだの方は、ご自分の判断で閲覧ください。
 
 なお、このブログに何度かお越しの方はすでにご存じでしょうけれど、水鏡の感想は、あらすじや平等且つ公平な評価などとは無縁で、フィルターが掛かった目で見て気になったことを呟くものであることを、どうぞご了承くださいますよう。
 良かった!
 わたし、これからディーンを信じてみようと思います!



 初っ端の山吹のシーン、幻想的で綺麗でしたね。
 インタビューでも言ってたことですが、全体的に陰影がくっきりして、だからこそ闇も光も映えるなーと思いました。
 そして、鯉伴様は最初から色っぽいです。さすが、二代目。
 あの刀、思いっきり魔王の小槌なのですが、となると、山ン本関連をどうするのか気になりますね。


 今回はOP曲は最後に流す構成で、CM挟んで原作一話ですが、カードのCM、つららがしゃべりまくってて可愛かったです♪
 若若言ってて、視聴者じゃなくて、若に向けてしゃべってるのが、つららクオリティだと思いました。



 そして、楽しみにしてた逆さ吊りの雪女さん。
 浚われ展開来ても脱がなかったつららの真っ白い足が眩しかったです。
 しかし、青黒は落とし穴でつららは逆さ吊りというのが、さすがぬらりひょんの孫、わかってらっしゃいますこと。うん、むくつけき男のすね毛が生えた足を見てもつまらないですからね。


   
 全体的に、展開は駆け足。
 削られた小ネタもありましたが、反対に、首無の首ボールネタみたいなおまけページネタが入ってたりして、今後も期待できそう。ゆらのコーラもやってくれるって言ってたし。

 青の扱いがよくなってるなぁ、と思いました。リクオから評価されてたし。うん、フォローしてあげて。そして、第3回人気投票が実現したら、もうちょっと順位を上げられるようにしてあげて。
 首無のカラーリングがぐっと渋くなってて、カッコいいです。一期のあの明るい色で無双されたら違和感ありましたが、この色なら似合いそうだ。 


 過去編回想シーン、ホント、若い初代のカッコ良さといったら。あー、過去編楽しみ!


 リクオ様の台詞追加、グッド!この頃から、雪女のご飯は冷たいけど美味しいと思ってたわけですね。
 確かに、若菜さんはともかく、他の女妖怪は昔ながらの和食がメインだろうけど、つららは「最近のマイブームはカルパッチョ」とか言ってたぐらいだから、リクオの為にお子様ランチとか作っていそうですしね。グラタンも作ってくれますしね。
 あの場でああいうふうに名前が出るということは、小腹が空いたリクオが何か作ってくれとねだる相手は、若菜さんじゃなかったらつららだということなのでしょう。現在も、きっとそうだな。
 夜姿で飲んでてつまみが欲しくなったら、厨房に顔出して、「つらら、なんかつまみくれ」とか言うに違いない。名指しなのがポイントです♪


 お葬式シーン、喪服を着てリクオの肩に手を当てているつららは、本当に、リクオの姉のようなものだったんだな、と伝わってきました。すごく傍にいるんだ。
 お葬式の時、大きなお家で大きな葬式であればあるほど喪主は忙しいから、お葬式の間は、忙殺される若菜さんの代わりにずっとつららが傍についていたんだろうな。


 一期でカナちゃんを変な感じでプッシュして全体が狂った為か、この原作一話はカナちゃんがヒロインですが、目立たせるような描写は極力なくなってますね。その後、清十字団が空気になる京都編をやるわけだから、バランスなんだろうな。


 初覚醒シーン、よかったです!
 昼だと可愛いだけなのに、夜だとお子様でもやっぱり色気あるなぁ。さすが、百鬼の主。
 

 戦闘シーンでの側近の紹介、すごくよかった!
 墨字で名前見せてくれたのは、アニメで作品初見の人にわかりやすかっただろうし、雰囲気出てた。いい演出。
 首無が、とか言いつつ問答無用でらしかったです。そう、首無ってこんな感じ。
 青かっこよかった。パワータイプの迫力が出てました。
 黒の真骨頂は若との鬼纏だろうから、控え目演出に納得。
 つららの「ふぅ~」が一期より妖気漂う感じで、二期の雰囲気にあっていました。これは、名演。元は同じ奴良組傘下としても若の敵の命を奪うことに全く躊躇いがない様子が、妖怪らしくて良し。
 毛倡妓と河童の紹介もあって、安心した。この二人、時々扱いが微妙なので。忘れずに入れてあげてください。

 若の戦闘シーン、さすがカッコいい。
 そして、戦闘シーンが終わって意識を失った若に駆け寄るつららが、ついさっきの妖気漂う冷たい雪女と違って、すごくかわいい顔してましたv



 そして、過去回想が終了して現在へ、という流れは、スタッフが一生懸命考えたんだろうな。
 小ネタはなくなってたけど、皆で畏れ羽織りシーンは見せてくれてよかったです。やっぱ、カラーで見ると迫力ありますな。
 最後の蛇に乗って携帯電話のシーンは、現代っ子でありながら奴良組若頭というリクオが持つギャップがうまく表現されていて、面白かったです。


 OP曲、カッコいい感じですね。バトル~って感じだ。
 しかし、何回見ても、荒ぶる若のポーズには思わず笑いがこみ上げる。なんだ、このポーズ(笑)。
 1クールはどこまでやってくれるのかな。京都にたどり着けるのか、否か。


 良かった。うん、良い感じだった。
 一期のことは、つららが可愛かったことと、宴会シーンが楽しげだったこと以外は、概ね忘れることにします。
 妖怪漫画のおどろおどろしさも出てたし、ストーリーのバランスも崩れてなかった。演出も良かったし。バトルも期待出来そうだし。
 来週竜二登場とのことですが、これは、順番を入れ替えるのかな。
 邪魅編をこの後にして、邪魅編の最中に、リクオが京都行きについて考えてる形にするとか。OPに邪魅がいて、羽織りシーンでいなかったから、どっかで勧誘しないといけませんからね。
 来週は、あれだ、ゆらへのおしおきがどんぐらい実行されるかで、今後のエログロ実行度合いの目安になりそうですね。 
 
 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。