コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

今週のリクつら

 今週って、リクつら以外は清継君ぐらいしか名前のあるキャラが出てきていないから、本当に今週のリクつら以外にタイトルの付けようがない。
 すごくつらら回だったので、今週も買って、今、アンケート出してきました。
 カラー絵、二期アニメカラーということなのかな。しかし、夜のリクオと雪女衣装のつららは、隣に置くとホント色バランスいいなー。色数は少ないけど。

 リクオ様の目の色については前々から紅と金とどちらなのかな、と思っておりましたが、アニメが始まるからとりあえず紅で行こうという作者の意図を感じたので、うちではこれからも概ね紅で解釈しておこうかと思います。
 初代が金で色が被るから、赤にしてくれ、という話になったんだろうなー。
 でも、アニメの雪麗さんの目が赤かったとしても、冷麗の目の色が違う色になったとしても、雪女一族の金眼設定は譲れません。この瞳がすごく好きなので。


 お話は、いきなりつららのドアップでスタートですね。
 うん、これを見た瞬間、ジャンプを買おうと思いました。はい。
 
 リクオのお迎えに行くつららの嬉しそうなこと。毎日のことなのにこんなに嬉しそうなのか。かわいいなー。
 ところで、つららの学校での認識のされ方なのですが、クラスがわからない謎の美少女、でも部活には所属している、て・・・・学校の怪談とか都市伝説とかになりそうな感じである。
 百物語組に目をつけられないようお気をつけて。


 清継君が案外ふにゃふにゃになってました。
 もっと行動派かと思っていた。
 これは、後で落差を出す為か。


 正体バレエピソード、やるのならば、清継君に焦点を絞るか、カナちゃんに焦点を絞るか、という2択があったと思うのですが、清継君ルート採用ということは、つまり、つらら正ヒロインルートだからかな。
 四国編でつららルートの評判がよかったから、京都編で採用して、以降はその路線を保持している感じがします。
 
 そうじゃなかったら、後の殺伐とした展開との差異を出す為の平和描写としても、わざわざアイス使ってイチャつかせる必要ないですし。
 いやぁ、イチャイチャしてましたね、今週も。
 さらっとつららのアイスを奪って平気で一口もらっていくリクオ様に、乾杯!さすがでございます。

 これ、リクオは特になんとも思ってなさそうなのが、また萌える。
 いや、だって、リクオにとっては普通なんでしょう、この行為。だけど、昼は、他の女子にこんなことしませんよね。欲しかったら、先に言葉でお伺いを立てるでしょう。
 なのに、つららのは勝手にもらっていくこの所業。
 
 わたし、幼少時のわがままお坊ちゃんなリクオ様が大好きなので、お行儀のいいはずの昼が時折こういうとこ垣間見せてくれると、嬉しいです。その相手がつららというのが、幼い頃から一緒に居て自分を理解している相手だから、遠慮も垣根もなくて、素でいられるし、甘えてるんだな~と思えて。
 
 この分だと、リクオ、小さい頃、つららのかき氷とか勝手に一口もらっていましたね、きっと。
 つららが二種類のアイスで迷っていたら、両方買って二人で半分こしようって言い出しますね、この人。
 夜も同じことするな、こりゃ。
 先生、リクつら同人書き的に、美味しいネタをありがとうございましたっ!

 
 そして、つららの主従の一線がどこにあるのか、すごく気になる。とっても気になる!


 今週は、本当に、つららが活躍していましたね!
 前々から、つららの畏れは、名前がついてる必殺技以外にも間接・補助・防御なんかで使えそうだよなーと思っていたので、この活躍が嬉しいです。
 つららは、明治以降の産まれの若い妖怪で、二代目の出入りにはついていっていない様子だから、本格的な戦闘の体験は、リクオに付き従った時ぐらいだったのかもしれませんね。
 だから、自分の畏れの応用とかはこれまで発想できなかったけど、リクオが成長したように、つららも経験を積んだから、畏れの利用方法が広がった、ということかな。
 護衛つららががんばっていて、嬉しいです。

 
 リクオ様の怪我は、夜になったら早く治る感じなのかな。元々、自己回復能力にチートかかってますし。鴆様も来てくれそうだし。
 しかし、そんな怪我をしながら狭い路地でスケボー二人乗りって、本当に運動神経いいなー。
 それとも、小さい頃、つららとこうやってスケボーで遊んだ経験とかあったのかもしれないですね。あー、リクつらは時間スパンと密度が半端ないから、いくらでもラブいエピソードが妄想できるなー。
 スケボーの間、ずっと手を繋いでいたし。

 
 百物語組というのは、そもそもは山ン本という人間からスタートしているから、他の妖怪とは違って、人間の性というものがいやらしいぐらいによくわかってますよね。いや、17巻も買って読んだから余計に思ったのですが。
 そもそもが美学などない人間から始まってるから、相手の弱点を突くことに躊躇いがないし、人間だった分どうすればリクオに打撃を与えられるか、ということがよくわかっている。
 そして、インターネットとか携帯電話とかの文明にも適応している。
 うーん、嫌なタイプの敵だ。しかも、倒すのが難しいタイプでもある。山ン本の魔王化の時の設定条件もあるから、力技では滅せられない。

 
 あの、今週のこの危機って、どう乗り切るんでしょうか?
 いや、相手は所詮人間だから、つららが本気出せば勝てると思いますが、武装しててこれだけ頭数がいる相手に手加減は難しいから、・・・・どうするんだろう。殺してしまうわけにはいかないし。逃げるのは失敗したし。
 次週、三羽鴉あたりが駆けつけてくれるのかな?それとも、花開院来るかな?


 最後に出てきた、その着物材質は皮か、と尋ねたくなるご婦人は、いやらしさが山ン本関係っぽいですね。
 しかし、純粋に人間の悪意だけで為されたことではなく、扇動役の妖怪がいるのなら、こいつを倒せばマシになる可能性はあるということかな。  


 しっかし、本当に、土蜘蛛との一件以来、リクオのつららを守ろうという姿勢は揺ぎ無いなー。
 自分が標的で、今は昼で人間で、しかも負傷してるのに、背中合わせとかじゃなくて、つららを庇おうとしてる。
 「ボクがつららを守るんだい!」は、本当に素晴らしい台詞だった・・・・!





 
 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。