コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

をんな

 先日、所用あって雨の中新地を歩いていたのですが、新地の姐さんがたは、雨でもちゃんと雨コートを着て、番傘を差して、着物を着てらっしゃいますねぇ。
 それで、これがまた、さすがに色っぽい。
 
 一口に着物姿と言っても、千差万別。
 夏祭りの浴衣姿は多くとも、その人が着物に慣れているかどうかで、所作には雲泥の差があって、一目瞭然。京都の祇園付近で、自前ではなく、レンタル着物屋で着つけてもらった着物を着ているお嬢さん方も、一目でわかる。
 そんなふうなので、着物自体のランクだけではなく、着ている人の物腰のランクってものもあるのでしょう。
 確かにね、結婚式だかで慣れぬ留袖を着つけてもらったのだろうご婦人と、どう見てもお高い料亭に慣れたふうで入って行かれた良家の奥方様とは、遠目で見てもはっきりと、物腰が違っておりますよ。

 着物姿の新地の姐さん方は、楚々とした振舞いでひたすら上品な前述の奥方様とはまた違って、香り清冽たる純米大吟醸淡麗辛口の喉越し柔らかなこと、とでもいうような色香がございました。雨の中歩いてるだけで、ね。
 あー、イイもん見させてもらった。


 つららの着物姿も、任侠の女で日常的に着てるんだから、所作が美しいのでしょうね。
 なにせ、男を誑かしてなんぼの雪女だもんなぁ。
 これからは、この時の新地の姐さん方の所作で想像しよう。
 夏祭りの中高生なんかは、よほどはしたないことでもしない限りは、着慣れない様子の浴衣姿もかわいいものですが、しかし、その中に1人、たおやかな所作の少女がいたら、目立つだろうなぁ。それが、色白で顔立ちも愛らしいとなったら、格別に。
 そんな娘をつれて歩けるリクオ君は、果報者ですこと!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。