コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

神楽

 お久しぶりです。
 お正月にうみねこ最終話を買ったものの、まとまった時間が取れなくてお預けしてたわたしの心を慰めてくれたのは、銀魂でした。
 いや、ほんと、ネタばれしたくないから、ちらっとも視界に入らないようにうみねこをシャットアウトしてましたからね。


 銀魂は連載開始時から好きですが、今、かつてなく熱い自分内銀魂ブームが来ております。
 ケーブルテレビが毎日アニメ銀魂を放送してるのが、原因だと思います。あれは本当、遊び心満載で素晴らしいアニメだな!


 好きなキャラは、みんな好きですが、やっぱり銀さんと神楽が大好きですね!
 なので、カップリングは、銀神です。


 銀さんはみんな好きだと思うので(銀さんを嫌いだとこの漫画は読めないだろう)、神楽についてちょっと語りたい。


 そもそも、初登場時から好きでした(水鏡は一目惚れをよくするタイプ)。
 江戸の町に一人チャイナな見た目も(初登場時の衣装好きだ)、少女なのにごっさ強いところも、可愛い顔して辛口な発言も好きですが、1番ぐっと来たのは、「自分と戦う」という決意。
 
 この決意が神楽のテーマで、神楽がヒロインである理由だと思っています。


 初期の物語の作りを見ていると、お妙さんをヒロインにすることもできたんですよね。この漫画。
 だけど、お妙さんの目標と新八の目標は同じ「道場復興」だから、お妙さんをヒロインにすると物語が広がりにくい。そして、少年誌のヒロインがキャバ嬢はちょっと新し過ぎる(笑)。

 神楽をヒロインにすることで、物語全体の大筋に神楽のテーマを盛り込むことができるし、天人である神楽を銀さんの1番近くに配置することで、かつて白夜叉と呼ばれて天人と戦った銀さんの過去とにドラマが生まれますよね。
 この先の神楽のドラマが、すごく楽しみです。


 最初は無表情気味だったのに、たくさん笑うようになったのは、万事屋で幸せなんだろうなー、と思うと愛おしいです。
 愛情深い子なのに家族愛に恵まれていなかったから、一緒にいてくれて、自分の愛を受け取ってくれて、愛してくれる相手ができて、今は幸せなんですよね。
 定春の正体がわかる話とか、神楽の愛情深さがすごく出てますよね。好きだ。


 銀さんのこと好き過ぎるのも、かわいいです。
 真似するし、息が合いまくりだし、言ったこと鵜呑みにするし、どんな時でも「銀ちゃん」だし。
 全力で慕ってますよね。もちろん、新八やお妙さんも好きだけど、1番は銀ちゃんというのが、よくわかる。
 だから、銀さんも神楽に甘いんだろうなー。
 眠れない夜の話とか、夜中にご飯用意してあげるなんて甘過ぎるよ銀さん!、と思わずにいられなかったv



 戦うヒロイン大好きなので、戦闘シーンも見応えあってわくわくします。
 紅桜編の弾幕を物ともしないシーンとか、吉原編の覚醒とか、ときめいた。


 吉原編といえば、新八がすごくよかったですね。
 いや、新ちゃんは16歳にしてはかなりできる子ですが(周囲のレベルが高過ぎるから評価されてないだけで)、坂本初登場の話でハイジャック犯倒した時も、自分に出来ることを把握した上で、ちゃんと役に立っていましたが、この話では特によかった。

 バトル漫画でよく出てくる「守る」という台詞は、あんまり好きじゃない場合があります。
 氷室冴子のシンデレラ迷宮で語られている、「あなたが私を助けてくれたのは、私が好きだからというより、あなたのヒロイック願望を満たす為ですよね?いえ、それでもありがたいですよ。助けてくれて、ありがとう。だけど、助けた後のわたしには、もう用事はないのですね?わかりやすく助けることができて、あなたをヒーローと崇める理由となるピンチにしか、興味はないのでしょう?私がどんなに寂しくても、悲しくても、あなたには届かないし、見えない。あなたは私の命を『助けて』くれましたね、ありがとう。だけど、私の心を救ってはくれなかった。それでは、私を『守って』いないわ」、とかを感じてしまう場合は、好きじゃない。
 『助ける』は、一時的にでも、ピンチの状況から脱出させてくれること。ヒーロー様がしてくれること。
 『守る』は、心も救うこと。その先もずーっと責任を持つこと。家族がすべきこと。
 じゃないかなーと思っている身としては、吉原編の新八を評価したい。


 最初、新八が「神楽ちゃんはぼくが守ります」と言った時には、「いや、神楽の方が強いから、むしろ神楽が新八を守ることになるんじゃないの?」と思って、実際、そういう戦況になりました。
 新八の命を助けたのは、神楽です。
 だけど、その後、血に翻弄された神楽を体当たりで止めてくれたのは、新八。
 新八は、神楽の心を『守り』ましたよね。えらいぞ、新八!人を『守る』って、そういうことだよ!

 それに、夜兎には力及ばぬ新八が神楽を『守れた』ことは、神楽の思想を体現してくれたということですよね。それがまた嬉しいな。


 
 神楽の設定がドラマチックで、ドキドキします。
 パピーも好きだ。というか、初めてメット取った時の衝撃ったら、なかったよ!
 パピーは頭髪の女神に未練たらたらのご様子ですが、個人的には、スキンヘッドかっこいいと思いますけどね。


 神威も好きです。
 いっそ清々しい破滅的バトルマニアで、愛嬌があって、かわいい顔してナチュラルにSなとこが。

 幼い頃の神楽は、力の制御の問題もあって友達がいなかったようだから、きっと、兄ちゃんのことすごく好きだったんだろうなー。
 今、銀ちゃん銀ちゃん言ってるみたいに、兄ちゃん兄ちゃん言ってそうだ。だけど、兄ちゃんは銀さんみたいに優しくないから、神楽が慕って追いかけてきても、自分が面倒くさかったら平気で置き去りにしてたんだろうなー。で、気が向いた時だけ構ってあげていそうだ。
 幼い頃の神楽は、気まぐれに与えられる兄ちゃんの愛情に縋っていたのかもしれないですね。

 神楽は銀さんと会えてよかった。
 銀さんは、口では面倒くさいとか言いながらも、決して見捨てたりしませんからね。夜中にご飯も炊いてくれますからね。神楽の愛情を受け止めてくれますからね。

 でも、神楽の愛は深いから、まだ兄ちゃんのこと好きなんだろうなー。
 だけど、兄ちゃんをどうにかするのは難しいよね、きっと。情を押し殺して非情になってるんじゃなくて、元からナチュラルに情が薄めで非道な思考回路の持ち主な気がするので。
 この兄妹の問題は、兄の心を変えないと解決できないけど、それは、とても難しいと思います。情が薄い人間は、本当に、ナチュラルに薄いので。つか、湧いてこないので。
 神楽が、兄の心を変えられるか、『守れる』か。
 あー、夜兎兄妹のドラマが、本当に楽しみです。
  
 

 
 


 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。