コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

そら

 シャーマンキング。葉。
「いつも空を見てるね」
「そうか?」
「そうだよ。初めて会った時から、君は空を見てたよ」
「そう言えばそうだな」














 オイラは空を見ている。
 空はそこに在る。

 いつも、そこに在る。




 空にはいろんなものが在る。
 太陽とか、月とか、星とか、雲とか、虹とか。
 空にはいろんなものが在る。



 いろんなものが在るから空を見てんだ。
 小っちぇえ頃からずっと。
 たぶん赤ん坊の頃から。
 空を見てんだ。














 色は重要だ。
 青とか、赤とか、紫とか、黒とか。

 明るさも大切。
 目が眩みそうなのも、真っ暗闇なのも。

天候は大問題。
 晴れとか、雨とか、曇りとか、嵐とか。

 美しさはよくわかんねえ。
 澄み渡っているとか、薄汚れているとか。


 空間も大事。
 オイラの頭の上に、果てない空間が在るってこと。
 それはいつも忘れないでいたい。


 全部が、大事だ。





 
 空はいつも在って、いろんなものが在る。
 そういう当たり前のことにいちいち驚くために、オイラは空を見上げるんだ。
 空は、希望にとてもよく似てる。
















 お前と出会った翌日、オイラはお前に尋ねた。
 空が好きか、と。
 他愛のない質問だった。
 ただ、少しでもお前と喋っていたかった。お前の声を聞いていたかった。振り向いてほしかった。

 振り向きもせずにお前は答えた。
 空はそんなことに関係なく悠久の時を在り続け、決して満たされたりしないものだわ、と。 
 幼いオイラには、その言葉の意味よりもその声の冷たさの方が、胸に突き刺さった。
 そして、それ以上言葉を続けられなかった。

 
 その後、たくさんのことがあったけれど、オイラはずっと考えつづけた。お前がどうしてあんなに哀しそうだったのかを。
 お前がつらいのはもう見たくなかったから。
 布団の中でも考えつづけた。

 閃くように答えを思いついて、時間もお前の都合も気にせずに、オイラは寝ているお前を起こした。
 少しでも早く、お前に教えてやりたかった。
 だから、お前の部屋の戸を叩いて、オイラは言った。
 お前の言ったことは難しすぎてよくわからんかったけど、それじゃ寂しい、と。


 オイラはそんな寂しいのは嫌だ、と。
 
 
 オイラの言葉をお前が聞いたのはわかった。
 ただ、どんな顔してるのかはわからんかった。
 ただ、オイラは幼すぎて、見つけた答えをお前に上手く伝えることができんかったのかもしれん。 
 だから、手を握りたかった。
 この戸の向こうにいるお前の手を握れんことが、もどかしくてしかたがなかった。
 

 けれど、オイラの気持ちがお前に伝わることは疑いもしなかった。





 
 お前と一緒にいると、時折、そういう瞬間がある。
 何も言わなくてもよくて、でも、何もかもが伝わる気がする瞬間が。
 確かに満たされたと思える瞬間が。


 ある。
 
 








 どれほど遠く離れていても、お前がこの空の下にいることを確信して、空を見上げる。
 その姿を目にしなくても、その声を耳に出来なくても、オイラは独りじゃない。
 オイラは独りじゃない。
 この空の下にはお前がいる。


 誰かがオイラを嫌っても。
 皆がオイラを憎んでも。
 世界がオイラを拒絶しても。
 この空の下にはお前がいる。




 独りじゃないことを、信じられる。
 未来に拒絶されていないことを、信じられる。
 何があっても何とかなるってことを、信じられる。


 この空の下にはお前がいる。
















 天高く、遠く、まろく。
 遥けき空は果つること無し。





 絶望は、何処に在る?

「そんなもん、何処にもねえよ」

 オイラとお前がいる限り。




 Fin
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。