コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

愛がなければ視えない

 ベアトが視えない金蔵について。
 愛がなければ視えない→愛がないから視えない→愛って何?

 というわけでちょっと考えてみたのですが、この場合の愛とは、「存在の承認」かもしれませんね。
 ベアトとマリアのマリアージュソルシエールの規約で1番大切な部分だし、ベアトが自分を認めない者が大嫌いとされていて、戦人に執拗に要求しているし。

 金蔵は、「ベアトリーチェ」を愛して探し求めていますけど、その「ベアトリーチェ」とゲームマスターのベアトは、別存在であるとか。
 金蔵が求めているのは、あくまで初代の「ベアトリーチェ」で、2代目の九羽鳥庵ベアトはやっぱり違ったし、ゲームマスターである3代目ベアトも違う。だから、3代目ベアトが「居て」も「視えない」=「存在を認めていない」。
 3代目ベアトが誰かの別人格だとしたら、なおさら、3代目ベアトが宿る身体は金蔵の目の前に在って、3代目ベアト自身は自分を「ベアトリーチェ」だと思っているけれど、金蔵の目には3代目ベアトの肉体の持ち主にしか視えない、とか。
 紗音と嘉音とベアトが同一人物という説をとれば、EP2ゲーム開始前の、薔薇庭園で「ベアトリーチェ」を求める金蔵の前にベアトが現れるけど視えなかった、という件の説明は簡単ですね。
 その時の金蔵には、その肉体に宿るベアトの存在を感知できなくて、嘉音(もしくは紗音)にしか視えなかった、ということで。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。