コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

わたしの猫箱(うみねこ考察まとめ①)

 うみねこにハマって2か月。
 一応、自分なりに解釈をしてみました。
 考察というよりは、願望ですが。
 以下、その話です。


 最初に、わたしの考察は、偏見と先入観に満ちていることを申し上げておきます。
 先に、意志(たどり着きたいゴール)が設定されている絶対の魔法のように、わたしの考察もたどり着きたい場所があります。なので、目にフィルターが掛かっている。
 しかし、赤字を無視したいわけではないので、赤字をつみあげて望んだ姿に作り上げられたらいいなあ、と思っております。
 最初に、それだけ断っておきますね。
 では、わたしは説明がうまくないので、わかりやすくするために、まず結論から語りましょう。
 ②から、時系列順に語ります。


①17人目の人間であるベアトリーチェは、1986年10月4日に六軒島に存在している。

②初代ベアトリーチェは、金蔵に黄金を授け(と金蔵が妄想しただけで奪い取ったとかかも)、金蔵の愛を拒絶し、死亡。金蔵は、九羽鳥庵で、初代の娘を2代目ベアトリーチェとして養育。

③19年前に、九羽鳥庵の2代目ベアトリーチェは、男子(以下、19男と呼ぶ)を出産し、死亡。19男は夏妃に預けられ、転落事件が起きたが、生存。

④明日夢は、18年前に女子を出産。

⑤金蔵が留弗夫に、子供の取り換えを持ちかけ、留弗夫・明日夢は承諾(このことによって、明日夢の正妻としての地位は揺ぎ無いモノに)。19男→戦人に。

⑥明日夢の娘は金蔵に引き取られ、3代目ベアトリーチェとして養育される。この際、2代目とは違う教育が施される。
 
⑦金蔵は、老い先短い自分が3代目と結ばれるのは難しいとして、身代わりの魔法を思いついた。
 それは、戦人を己の依り代、3代目ベアトリーチェを初代の依り代として、この2人が結ばれることで、自分と初代ベアトリーチェが結ばれた、としようという魔法。

⑧3代目ベアトリーチェの本名は、右代宮真里亞。だから、ボトルメールの署名は、彼女のなりの本物の署名。

⑨戦人、3代目ベアトリーチェ(戦人にそうは名乗らなかった)と出会い、爆発事件の発端となる不発弾か何かを発見する。そして、罪な台詞を吐く。「白馬に乗って迎えに来るぜ。シーユーアゲイン、バハナイスディ!」

⑩3代目ベアトリーチェ、真里亞と接触し、魔女教育を施す。

⑪戦人、右代宮家から遠ざかる。

⑫さくたろうが壊される。

⑬3代目ベアトリーチェ、魔女の肖像画と碑文を金蔵に用意させ、戦人と一緒に発見した不発弾か何かを用いた賭けを持ちかける。

⑭金蔵、死亡。

⑮留弗夫が頭を下げたので、戦人、右代宮に帰還。

⑯10月4日~10月5日の23時59分、殺人事件が起こり、13人が死亡。

⑰10月5日24時、爆発事件勃発。

⑱10月5日24時直前、魔女ベアトリーチェが猫箱を閉じ、EP0(現実)終了。
 全ゲームに共通して語られる赤字・全ゲーム共通の条件は、この時点でベアトリーチェが認識していた事実。

⑲魔女ベアトリーチェが用意したゲーム盤、EP1開始。





 以上が、わたしの考察です。
 では、それぞれが何を根拠として思いついたのか、説明してきますね。

①について

 これが、ゲーム盤最大の謎にして、ゲームの核にして、魔女の心臓。
 この事実に気づかない限り、ゲームは終わらないように出来ていた。
 人間ベアトリーチェが存在する理由はいくつかあるが、まず、人間ベアトリーチェが存在すれば、多くの密室が説明可能になる、ということ。
 特に、EP3ラストのエヴァの赤字結界は、金蔵の死亡+人間ベアトリーチェでクリアできる。
 EP3でエヴァを倒す時に戦人に耳を塞がせたのは、戦人が自力でこの事実に到達することが、ベアトリーチェの中で大きな目的であったから。だから、戦人が諦めた時にあんなにけしかけたし、そもそも、EP3をああいう展開にしたのは、自分の為より誰かの為の方が本気でがんばれそうな戦人に、本気で考えさせる為、という理由もあるはず。
 EP5で、大魔女たちが、EP1の夏妃との決闘シーンを話題にしているが、その話に出てきた「銃を撃った人物」が、人間ベアトリーチェ。
 魔女ベアトリーチェの依り代が人間でないならば、EP5で真相に至った戦人があんなふうな謝罪をしたのがふに落ちない。
 赤字と人数の問題は、全ゲーム開始時に金蔵は死亡している・紗音と嘉音は二重人格で肉体的には1人・人数は生きている人間の肉体を数える、とすればクリアできる。
 だから、ベアトリーチェの実在を説く真里亞は、真実を皆に伝えていることになる。


②について

 まあ、これはほとんど当たりでしょう。
 可変があるとしたら、初代ベアトリーチェの死因が自殺か・金蔵による殺害か、初代ベアトリーチェは本当に黄金を「与えた」のか・「貸した」のか・金蔵が「奪った」のか、2代目ベアトリーチェは金蔵の血を引いているのかどうか、ぐらいでしょうか。


③について

 この島の本当の領主の年齢と、19が大切な数字だということを考えると、これもやっぱりほぼ確定かと。
 可変するポイントは、2代目ベアトリーチェが金蔵の血を引いているか・19男の父親が金蔵か・一緒に落ちた使用人の生死・夏妃が突き落としたのかどうか、ぐらいでしょうか。


④について

 明日夢が子供を産んだのは、赤で確定です。だから、女子だった可能性もある。
 まあ、女子に戦人は金蔵のセンスでもつけない名前だとは思うので、無理がありますが、この無理を修正するルートも考えてみましたので、後でそちらを提示します。とりあえず、一応言ってみる。


⑤について

 普通に考えて、霧江は、留弗夫の仕事上のパートナーであり、籍が入っておらずとも子を産む覚悟があり、経済的にも自立していそうなので、家庭的な癒し系という以上のアピールポイントがない明日夢にとって、侮れない愛人であるはず。
 明日夢が跡取りになる男子を出産し、霧江が産めなかった後だとしたらまだわかりますが、(霧江の嫉妬話が魔法幻想描写中なのでどれぐらい信じていいのかわかりませんが)妊娠中の話だとするなら、明日夢の態度は強気過ぎる気がしませんかね。
 しかし、金蔵が19男と生まれる子供との取り換えを画策していて、金蔵の跡取りが内定している19男を自分の子供として育てる密約が交わされていたならば、この強気もおかしくない。
 そして、「明日夢が子を産んだ」と「ベアトの対戦相手である戦人は明日夢の実子ではない」がクリアできる。



⑥について

 籠の鳥に知恵をつけ過ぎると逃げられたり反抗されたりするから、と世間知らずに育てた2代目。
 しかし、あんまり世間知らずに育てるとうっかり崖から落ちちゃったりすることを学んだから、金蔵は、3代目には知識を詰め込み、魔法についても教える。
 金蔵の魔法は、相手の心とマネーゲームに作用を及ぼすモノだったが、3代目ベアトリーチェは、趣味の推理小説を糧にして自身の魔法大系を確立した。 


⑦について

 依り代と召喚の概念を本気で信じるならば、こういう思考に至るのはありか、と。
 作中で、何人もの登場人物が戦人と金蔵が似ていると言うし、金蔵は実は全ゲーム開始時に死亡しているにも関わらず、キャラクターとしての存在感も重要性も強い。
 そして、EP6のバトラ卿と雛ベアトは、九羽鳥庵の金蔵と2代目ベアトをマイルドに幻想描写してみたと言われても納得しそうなくらい、状況が似ている。
 物語においてこれだけ強調される類似性には、きっと意味がある。
 金蔵が出てくるシーンには、2種あると考えていて、1つは誰かが施した魔女幻想によって召喚された姿。EP2ラストでベアトと会話してる姿はベアトの幻想、EP4のゴールドスミス郷はゲームマスターベアトが描いた姿、EP5の金蔵がやたらマイルドなのは夏妃の幻想だから。
 もう1つは、ゲーム開始前の金蔵生存時のシーンを挟み込んでいる場合。ベアトリーチェの名を連呼しているシーンは、実際にあったシーンだろう。そして、ゲームについて語っているシーンも、実在した会話の可能性がある。
 「ベアトリーチェ」という言葉が当てはまる存在がいくつもあるように、他の用語でも、同じ言葉であっても使う人間によって意味が異なっていることがありうる。 
 だから、出題編ベアトが語る「ゲーム」と、実は過去だったシーンで金蔵が口にする「ゲーム」の意味が違っている可能性も否定出来ない。
 金蔵は、自分を拒絶した初代ベアトを相手取ったつもりで、「金蔵とベアトが愛し合って結ばれる」ことが勝利条件である依り代のゲーム(自分キャラも相手キャラも育てるという育成系ゲームですな)をしている。
 
 留弗夫が戦人に頭を下げてまで右代宮に帰ってきてもらったのは、戦人が18歳になったら当主の座を継承させるという金蔵との密約による。この時点で、留弗夫が金蔵の死亡を疑っていたとしても、戦人が当主を継ぐ可能性は高いし(源次や3代目ベアトリーチェあたりがその旨を記した遺言書を持っているかもしれない)、そうでなくとも遺産の取り分を増やせそうだし。
 18歳(実際には19歳でも戸籍上は18歳)という年齢に金蔵が拘ったのは、男子が結婚できる年齢だから。
 礼拝堂で、自分たちの依り代である18歳になった戦人と3代目ベアトリーチェに華燭の典をあげさせることができたら、金蔵の「ゲーム」は勝利、というつもりだったとか。
 


⑧について

 まとめページで既出推理を見て、これはいいなあ、と思ったので受け入れました。
 金蔵が真里亞には別の名をつけるつもりだった・ベアトが年が近くて島に住んでいる朱志香ではなく真里亞の前に現れた理由(自分と同じ名前の娘に興味をもった)というのも納得できるし。
 これが真実なら、「どうか真相を暴いてください」のメッセージは、「もう一人の右代宮真里亞である私の存在に気づいてください」というメッセージであるとも解釈できるし、2人の真里亞でマリアージュ・ソルシエール、て物語的に美しい。


⑨について

 EP2にて、紗音がこの台詞を言われたといっていますが、これは嘘かなと思っている。実際に言われたのはベアトで、こんな台詞を吐いた自分を思い出させる為+あれ?紗音ちゃんに言ったんだっけ?との疑念から思い出させる発端にする為、じゃないかな。
 子供の取替えが行われていたなら、ベアトが興味を持って戦人の前に現れる理由にはなる。
 金蔵が依り代の魔法儀式を行っていたのなら、3代目ベアトは、戦人が金蔵の依り代にされて自分を結ばれる男だと認識しているだろうから、余計に興味を持つだろうし。
 本編には登場していないが、他にも音の名を持つ使用人は存在している設定なので、6年前のベアトは「ベアトリーチェ」とは名乗らず、「恋音」とか名乗ったなら、6年前の戦人がベアトを認識してなかったのもおかしくないはず。
 そして、2人で遊ぶか何かをして、ベアトは戦人に惚れてしまい、不発弾とかを発見してしまうとか。
 「指きりげんまん、嘘ついたら針千本飲ます」のノリで、戦人が迎えに来てくれないならこの爆弾で皆殺しにする、と言い出すとか。ベアトは本気で。戦人は軽いノリで(罪な男だ)。
 ちなみに、わたしが、EP4でベアトが戦人に罪を思い出させようとしたシーンで思い浮かんだのは、なんて素敵なジャパネスクの吉野君が言った「忘却は罪」(父親は母親を覚えていなかった・プロポーズするほど好きだった瑠璃も自分を忘れていると思ったからの台詞)の台詞だった。ええ、忘却は罪ですよ。寂しい人間に対しては、特にね。 


⑩について

 真里亞が得た知識がどこから来たのか、を考えるとこれが1番スムーズ。
 この物語の舞台が現在ならば、真里亞はネットで知識を得ることもできるだろうけど、この当時は無理。金蔵は真里亞に好感を抱いておらず交流もしていなかったようなので、金蔵に教えてもらうのも無理。
 中学生の楼座は魔女を信じていたから、楼座の家にそういう本があってもおかしくないけど、うーうー言うのを止めさせようとした頃にはそういう資料は処分しているはず。
 学校や地域の図書館という手もあるが、そういう所の蔵書だけでは真里亞ほどの知識は得られない。いや、地域の図書館でリクエストして本を取り寄せるか、区の図書館などではなく、もっと大きな図書館に行けば可能か。
 ただ、人間ベアトリーチェを実在させ⑩を採用するなら、真里亞が魔女ベアトリーチェの存在を強固に主張する理由にはなる。


⑪について

 本編そのまま。事実です。
 この時の戦人は、島で出会った女の子と、彼女と交わした約束なんかすっかり忘れている。
 留弗夫は、18歳になったら戦人と復縁しようと思ってはいるが、この時は冷却期間を置くつもりなので、戦人の主張を受け入れた。



⑫について

 これも事実。
 その哀しみからマリア郷が黒い魔法を使うシーンは、ゲーム開始前のシーンだと思う。
 さくたろう殺害→その年の親族会議で真里亞は六軒島へ行く→ベアトリーチェにさくたろうが殺害されたことを告白(これにより、さくたろう死亡がベアトに認識されてしまって、復活の魔法が使えなくなる)→真里亞は憎しみを肯定するベアトリーチェに母親への殺意を語る(これを魔法描写すれば、無限に楼座を殺すシーンになる)。


⑬について

 肖像画と碑文は実在している。
 肖像画は、人間ベアトリーチェの姿と違う可能性があるが、金蔵が思い描いた(年月を経た分変化している可能性がある)初代ベアトリーチェの姿であり、戦人の好みを知って人間ベアトリーチェが望んだ姿でもある。
 碑文は、既出推理の、絵の裏か礼拝堂に入り口がある案を取りたい(絵の裏は出入りを人に見られる可能性が高いので、どちらかというと礼拝堂希望)。
 碑文を解けば九羽鳥庵にたどり着く・黄金は九羽鳥庵にある・碑文を解いた者が当主継承・九羽鳥庵にたどり着けば爆発から身を守れる・碑文を解かれてもベアトリーチェに益はない、を考慮すると、この碑文は、戦人に解いてもらって九羽鳥庵にたどり着いてもらう為のものかと思う。
 そして、いつまでも迎えに来てくれない戦人に絶望したベアトリーチェか、自身の死期を悟ったが為によりリスクの高い魔法を行使して奇跡を起こそうとした金蔵が提案し、同意して、6年前に戦人が発見した不発弾を用いた仕掛けが生まれる。この仕掛けを止める術は、九羽鳥庵にしかないし、生き残る手段も九羽鳥庵にたどりつく以外にない。
 戦人が18歳になった年の親族会議が終るまでに、戦人が碑文を解いて九羽鳥庵にたどり着き、当主を継承して、爆弾を止めて、ベアトリーチェと結ばれれば、この賭けは成功。
 碑文の存在理由は、
・自身の依り代である戦人に当主を継承させる為の口実(金蔵の思惑)
・戦人とベアトリーチェを再会させる為(金蔵とベアトの思惑)
 よって、絵羽が碑文を解いてしまうと、碑文の目的が完遂できないので、ハッピーエンドに至らない(爆弾をとめられない)。
 ラムダデルタ郷製作のEP5で、ヱリカに助けられてとはいえ戦人が碑文を解いて当主継承になったのは、ラムダはベアトの目的を知るが為にじれったい思いをしていたから。「ほらベアト、戦人に碑文を解いて欲しかったんでしょ!当主にしてやったわよ!あーもうっ、さっさと碑文を解いておいてよね、右代宮戦人の無能!」て感じだったのではなかろうか。


⑭について

 金蔵の死亡は、19ヶ月前かな。それまでは「金蔵のゲーム」だったけど、これ以降は「ベアトのゲーム」となる(目的が移行、もしくは付与される)。
 金蔵のゲームには、爆発事件は組み込まれていなかったかもしれない。
 発動するかどうかわからない悪戯を好んだベアトなら、自分の存在と苦しみを認識しない親族(真里亞以外)と使用人への憎しみと殺意、そして希望を篭めて、ベアトリーチェを認めないと爆発する仕掛けを設置した可能性はある。 


⑮について

 留弗夫が頭を下げて帰還を願った理由は、祖父母を失った戦人への心配、金蔵が死亡しているならば遺産の取り分を増やしたいから、18歳戦人を次期当主にする密約があったから、のどれでも可能だし、並列していてもおかしくない。
 

⑯について

 どのゲームでも殺人事件が起きなければならない理由は、ゲームマスターに既に観測された事実として、13人の殺人事件が生じているから。
 そして、13人のメンバーがゲームで入れ替わっている理由は、観測されたのは人数だけで、メンバーや殺害方法ではないから。
 観測された事実を材料に、それだけでは埋まらない闇を魔女幻想で修飾してゲームが成立する。
 だから、観測された事実は覆せないが、ゲームマスターがまだ観測していない事実は好きに設定できる。


⑰について

 この結末は、戦人に当主を継がせたかった金蔵にとって、敗北。
 親族と使用人への憎しみを晴らしたかったベアトリーチェにとって、勝利。
 戦人に思い出して迎えに来て欲しかったベアトリーチェにとって、敗北。
 EP4の縁寿にとっての事実。
 爆発事件は観測されてしまっているが、死亡した人数は確定しておらず(顎部が発見された真里亞の死亡だけは確定)、生き残りがいる余地はある。


⑱について

 EP1~4のゲームマスターはベアトリーチェである。
 原初の魔女ではないベアトリーチェは、自身で新たなる要素を生み出すことはできないから、観測された事実をゲーム盤の材料として用いる。
 観測された事実は、「島にいるメンバー」「島が台風によって閉ざされた」「13人連続殺人事件」「肖像画・碑文・黄金・九羽鳥庵の実在」「1986年10月4日以前の金蔵の死亡」。他の要素は、魔法修飾によって可変する。
 


⑲について

 同じ材料を用いても、調理方法が異なれば違う料理ができる。同様に、観測された事実は覆せなくても、付与されたストーリー(解釈)と魔法修飾で、物語の筋書きと結末を変えることは可能。
 原作と二次創作に例えれば、観測された事実=原作、読者の二次創作=ゲーム盤。
 読者は、原作に反しない形でならば、原作の続きが出る前に、続きを想像して「予想」の創作が可能。そうして作成された二次創作作品は、続きが出るまでは誰にも否定できず「予想」として並列して存在できる。
 箱が閉じたままの現状は、作者が死亡して未完になった作品に等しい。もう新しい真実(作者による完結編)は存在しないから、原作と反していない限り、誰の「予測」も否定不可能。そして、出版社が委任して他者に書かせた続き等の公的に多数に認定された作品ならば「続き」と名乗ることもできるように、戦人が承認(トリックと犯人とストーリーを確定)すれば、ベアトリーチェはそのEPを正史とするつもりで、ゲームをスタートした。


 あー、ダメだ!わたし、説明が下手!
 えーと、とりあえず時系列ではこういうふうに考えています。
 が、子供取替えあたりは、天草を絡めたバージョンも考えたし、わたしが想像している無限の魔法の理念と反魂の魔法の理念について語らないとこの説明に説得力がでないので、そこらへんはこの次語ります。
 
 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。