コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ゲーム盤を観測したい

 うみねこの謎について、考えてみたこと。
 考察と言えるほど立派なものではないし、考えたいところしか考えていないのですが、とりあえず書いてみる。
 というわけで、以下ネタばれで、単なる自分用メモです。
 『ベアトリーチェ』(ゲームマスターであり、黄金と無限の魔女である存在)と、『右代宮戦人』(元ゲームの対戦相手・現領主)と、『ゲームの存在意義』について考えてみます。
 
 考えていくにあたり材料とするのは、

・19年前に九羽鳥庵に「ベアトリーチェ」という人間が存在し、死亡したこと(楼座と出会ったのは赤字でしたっけ?)
・19年前に金蔵が赤ん坊をつれてきたこと(赤ん坊の死亡は赤字ではない。一緒に落ちた使用人の生死も赤字ではない)
・六軒島爆発事件
・碑文を解き魔女を継承した絵羽は生還したこと
・『右代宮戦人』は、『右代宮明日夢』の実子ではないが、『右代宮金蔵』の孫であること
・このカケラの本当の領主の年齢は19歳であること
・家具は魂が1人分に満たないから恋をする資格を持たないこと


 えーと、何からどう語ればいいのか。いや、考察サイトではなく自分の考えをまとめるためのメモなので、好きに語ればいいのか。
 では、わたしが到達した1つの仮説から語りましょう。

①EP1の前に、EP0が存在する
②EP0において、『六軒島爆発事件発生』・『爆発事件以前に13人が死亡している』という事実が観測されたところで、『ベアトリーチェ』が猫箱を閉じた
③EP0以前に金蔵はすでに死亡している
④『16人死亡』が確定している
⑤紗音と嘉音は肉体的には同一人物である
⑥九羽鳥庵は爆発しないから、碑文は九羽鳥庵に導く為のもの
⑦生還できるかもしれないたった1人の名前は、まだ観測されていないから未定
⑧戦人を生還させることがゲームの主目的
⑨EP5はラムダデルタからのヒントである

・⑤について

 EP6でほぼ確定かなと思っております。
 そして、ロノウェの依り代が源治であり、ワルギリアの依り代が熊沢であるように、ゼパルとフルフルの依り代は紗音と嘉音だと考えております。
 性別の問題は、この人物の生まれついての性別は曖昧であり、外性器は両性の状態であった為、女性としての人格:紗代と男性としての人格:嘉夜が生まれたが、ゼパル・フルフルの外見から察するに、どちらかというと女性に近い状態だったと推測しております。

 幻想世界の住人には「赤い目の家具」と悪魔や魔女がいますが、「赤い目の家具」は「依り代が人間以外」で、「赤い目の家具」より格上の存在である悪魔や魔女は「依り代が人間」なのではないでしょうか(だったら、ガァプは誰なんだろう?)。
 ドラノールの金目は、「依り代が人間以外ではあるが、1個の物体ではなく1種の規定」だからだとするなら、今後、魔術師狩りのライトが登場したら、きっと、ライトの目の色も金ですね。

 ⑤はほぼ確定かと思いますが、EP6のチェーンロックの密室を踏まえた上で他の可能性があるとしたら、紗代と嘉夜とベアトリーチェが同一人物/嘉音と『右代宮戦人』が同一人物、ぐらいでしょうか。
 ただ、後者の説を採用すると、嘉音に恋をする資格がなかったのはわかりますが、紗音に恋をする資格がなかった理由に困りますが(それこそ朱志香と同一人物とかにしないと)。

 嘉音くんは今回のEPで黄金卿の使用人になったので、それはつまり、今後はゲーム盤の盤上のメンバーではなく、上位世界の住人として扱われるということですかね?
 つまり、源治の弟子じゃなくて、ロノウェの弟子になって、ゲーム盤に登場するには召喚される必要があるとかかな。

 この2人が肉体的に同一人物なら、つまり、17人目の人間Xが存在できることになり、その人間X=人間ベアトリーチェ=犯人、というのが『ベアトリーチェ』が用意したゲームの解答のような気がしてなりません。
 だから、『ベアトリーチェ』の願いは、
・「戦人をゲームに勝たせて生還させること」
・「17人目の人間Xである『ベアトリーチェ』の本体(依り代)に気づいてもらうこと」
・「戦人が勝ってゲームが終わる(それはつまり他の全員の死亡が確定するということであり、自分が死ぬということ)までの間、一緒にいること」
 であり、3番目の願いは2と1の過程であり、2の願いは1の過程になる為、ゴールだけではなく道程も願いの範疇だから、ゴールから答えを想定しようとするベルンカステルと相性が悪いんじゃないでしょうか。
 


・⑥について

 絵羽が生還できたのが九羽鳥庵にいたから、ということと、『ベアトリーチェ』が執拗に碑文の解読を求めた理由を考えると、こういう説になりました。
 碑文を解けば、九羽鳥庵にたどり着くことができる。
 九羽鳥庵にたどり着いたら、生き残れる。
 という事実の時系列をひっくり返して考えてみると、九羽鳥庵にたどり着いて生き残って欲しいから、碑文を解いて欲しい、ということになるなと思いました。
 碑文が2年前から存在している、というのは確か白字だったはず。だから、猫箱を閉じてゲーム盤を作る時に、そういう幻想を足したんじゃないかと考えています。
 わたしが忘れているだけで、碑文が2年ほど前に提示されたのが赤字でも、最初に碑文を作った目的は、再び『右代宮戦人』が訪れた時に『ベアトリーチェ』が待つ九羽鳥庵にたどり着いて欲しいから、だったけど、猫箱を閉じた時点で目的が変化した、と考えれば有効かと思います。
 


・②について

 各ゲームは、共通点と変化する点があります。
 共通点は、いろいろあるけど、大きいのは、第一の晩に6人~と、計13人を殺さなければならないこと。EP5とEP6は、『ベアトリーチェ』作成のゲームじゃないので除外します(EP6なんかゲームは途中で終わっていますし)。
 殺す相手は、誰でもいいし、どんな順番でもよさそう。
 しかし、戦人だけは最後まで生き残らなければならない。
 ということから考えて、「ゲームを存在させる基本ルールがある」という推測が成り立つかと思うのです。
 そして、基本ルールとはすなわち、「観測されてしまった事実」なのではないかと。
 『ベアトリーチェ』は無限の魔女であって原初の魔女ではないので、既に観測されて確定してしまった事実には逆らえない。だから、13人殺しは必要。
 しかし、『ベアトリーチェ』が猫箱を閉じた時点で、殺された13人の内訳を認識していなかったら、その面子に誰を選ぶかは変更可能なわけです。
 七杭を用いた殺し方は、ブラフかと思っています。
 そして、ゲームごとに犯人も変化していると考えています。
 要するに、「『右代宮戦人』、あなたが解いた物語を、見つけ出した犯人を、確定させましょう。さあ、誰を犯人にしてどの物語を確定させますか?」というコンセプトなんじゃないか、という説です。 


・⑨について

 努力する者を祝福する絶対の魔女は、まだ人間の心が残っているし愛があると思っております(彼女の残酷性は否定しませんが)。
 その彼女は、『ベアトリーチェ』の本体が示した『絶対の意志』を認めて魔女として認定し、ゲームの立会人になったわけですよね。
 猪突猛進な彼女には、気まぐれや天に運を委ねるような気づいて欲しいけど言いたくない、みたいな『ベアトリーチェ』のゲームがまどろっこしかった様子。
 だから、EP5はメッセージ性と皮肉が直に出ているのではないのか、と推測します。
 EP5の特徴は、幻想の優しさに気づかせる描写・幻想を暴くことの残酷さに気づかせる描写・犯人を特定し糾弾する行為・金蔵がマイルド(笑)・閉じ込められたお姫様なベアト・外に連れ出してくれた騎士様な戦人・罪を魔女に被せろと言うベアト。
 このゲームでは、EP2などと違って、魔女を悪と断じるのは難しい。
 むしろ、魔女は、人の心を守ろうとする存在で、儚く、閉じ込められている。
 これは、ラムダデルタなりのメッセージなんじゃないかなー。
 そう考えると、ベアトのゲームにおける残虐非道で鬼畜な所業は、趣味と八つ当たり等も多分にあるでしょうけど、それでも、「魔女は悪だから憎んでいい」という誘導だったんじゃないでしょうかね。
 親族を疑いたくない戦人の為の逃げ場としての、「悪辣な魔女」。

 で、傍から見ていて戦人の鈍さにイライラしたラムダデルタが「この乙女心に気づかんか!」ということで、こういうゲームに作った気がしています。
  
 

 EP4の3択の正しい答えは、①でも②でも③でも、選ばないことによる全員死亡でもなくて、②と③を選んで自分だけ生き残ることなんじゃないですかね。
 わたしの仮説だと生還可能な人数が1人だから、本当に正しい答えは4つめの選択の②と③を選ぶことで、その残酷を為さないと生き残れないって早く気づけよ、というメッセージなのではないかなー。



 というわけで、仮説として、

・紗音と嘉音は同一人物である(肉体的に)。
・17人目の人間Xとして、人間ベアトリーチェ(本名が明日夢とかかもしれませんが)が存在する。
・『右代宮戦人』の罪は、「白馬に乗って迎えに来るぜ!シーユーアゲイン!バハナイスディ!」などと言って期待させたくせに忘れてしまったこと。
・「金蔵は既に死亡している」・「殺人事件で13人死亡」・「爆発事件で16人の死亡は確定」が、『ベアトリーチェ』が猫箱を閉じる前に観測した事実。
・『ベアトリーチェ』は『右代宮戦人』を生還させたかった。


 という観点で考えていきたいですね。

 ああ、まとまらない。うまく言えない。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。