コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

うみねこがないてくれません

 いまだ、うみねこ鳴かず、まだまだ六軒島の中・・・・・・・・やっと、EP4。
 
 やっぱりベアトが好きです。1番。とても。
 戦人もとても好きだ。EP3の終盤でベアトを背中に庇って戦う彼は大変カッコよかった。男気を見た。あれだけやった相手なのにな、なのにあの男気はすごいよ。
 そして、ああいうオチがついたのが更に萌えた。かわいいな。
 
 
 ベアトと戦人を好きになるのは手を出す前からの予想通りなのですが、真里亞をこんなに好きになったのは予想外です。
 EP4で彼女が健気に努力して自分の幸せを積み上げていたのは、本当に好きにならずにいられない。


 死者が見える少女の漫画で、「死と彼女とぼく」という作品があって、その作品はバトルや伝奇物ではないので、死者は生き返らないし倒す対象でもありません。死者は本当に普通の人で、だからこそ死という衝撃に戸惑って、ある死者は立ち直って素敵な存在になれたり、ある死者は自ら暗い奈落の底に堕ちていったりします。
 死者は心だけの存在だからこそなおさら、自分で自分の心を立て直して救わないと、いつまで経っても不幸なままなんです。
 作品の中のエピソードで、小さな女の子の死者が必死で自分の心を立て直して守って、自身の想像の力で可愛らしい家を建てる話があります。
 その少女が死んでしまったという現実は変わらないのですが、でも彼女は、可愛い家に住んで主人公とも友達になって、幸せなんです。 
 わたしは、彼女を可哀そうだとは思いませんでした。彼女は、他にたくさんたくさん自分で自分の心を救うことが出来ずに呪いをまき散らす死者がいる中で、がんばったんだと思ったんです。
 EP4をプレイ中に、そのエピソードを思い出しました。
 うん、真里亞はがんばった。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。