コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ゲゲゲのぬらりひょん

 ゲゲゲの鬼太郎映画2作目、観てきました。
 前作よりシリアスな感じがしました。いや、シビアの方が適切かな?というか、前作がやたら世話物チックだったから、それに比べると一歩シビアなのかもしれないけど、そもそも基本的にぬるめである、というのが正確かな(わかりにくい言い方ですが)。

 鬼太郎は、今回もちょっと煮え切らない正義の味方でした。でも、前回ほど反抗期じゃない。
 ねずみ男は、引き続きノリノリで輝いていました(笑)。特に、砂かけ婆を助けに来たあたりがよかった。普通ならかっこいいシーンのはずなのに、攻撃がアレなので決まらなくて(笑)。なのに本人はノリノリでポーズ決めてて。
 猫娘が鬼太郎を好きなのは、選択範囲が狭いせいのような気がして仕方がないです。鬼太郎は悪い奴じゃないけど、さしてイイ男じゃないよ、猫娘。
 砂かけ婆は、すんごいお役立ちでした!戦闘も道案内も古文書読解もこなせる、スーパー婆!鬼太郎よりずっとかっこいい。できるばあさんでした。
 反対に、さして役に立っていないのが子泣き爺(笑)。でも、キャラ的に許せます。戦闘もこなしていましたしね。
 塗り壁の中が赤いのが、なんかちょっと・・・・・・
 蛇骨婆は、完成度高かったです。前半ではちゃんとおどろおどろしいのに、砂かけ婆と争っているあたりは、子供っぽくて微笑ましかった。
 夜叉は・・・・・・・・・・・・正直物語における必然性を見出せませんでした。いや、まあ、アクションのために敵側に剣使いがいるべきというバランスはわかるのですが、異国からの客分という立場が、激しく浮いています。しゃべらせないためにこうなったとしても、もっとやりようがあったはずだ。これは、脚本の問題。
 文車妖姫は、うん、かわいかったです。
 

 
 なんか、つぎはぎだらけで全体としてまとまりにかけているというか、テーマを絞ってモチーフを関連させた方がすっきりしていただろうな、と思いました。
 かごめ歌と濡れ女が、まずちょっと遠いし(もうちょっと説明に力を入れてくれ)。さらに、管弦で封じる設定と音関連妖怪という夜叉の設定が、全然噛み合ってないし(どうして夜叉に音関連設定を入れたのか?)。最後に敵側合体ロボみたいなノリででてきたアレは、海関連のでかい化け物にする方がまとまると思うし、最後の決戦の場も富士山より海にした方が濡れ女の設定が生きると思いました。
 総評:もうちょっと作り込んでください。


 ですが、ぬらりひょんはよかった。
 迫力がありました。正直、ぬらりひょんと比べると、鬼太郎は若造でしかなかった。言ってることも小僧でしたし。
 ぬらりひょんが、味方がいなくなったことを指摘されて返した「わしは最初から一人だ」という台詞が、この映画の中で一番秀逸でしたね。
 そう、「悪」とは、数が少ない認められていないことを言いますからね。勝てば官軍だから、勝って世の多数派になれば、別の行動理念に基づく行動主義者か、後に変化した価値観の時代の住人でなければ、相手を「悪」とそしれませんからね。 
 だから、「悪」のセリフとしてはとても正しく、また、ぬらりひょんの覚悟が伺えました。

 でも、ぬらりひょんの主張の全てが間違っているわけではありませんでした。手段が、他者に犠牲を強いる残酷なものであるのは確かですが、主張と手段はイコールではありませんから。
 鬼太郎はぬらりひょんの手段を否定しました。それはOKです。
 ですが、鬼太郎がぬらりひょんの主張に対して返した答えが、納得できません。

 Q:愚かな人間が世界を滅ぼす前になんとかするにはどうすればいいと思いますか?
 A:ぼくは信じたい。

 ・・・・・・・・・・なんか、違わない?  
 いえ、まあ、初出の質問に対する初回の答えがこれだというならありですが、産業革命前ならともかく、人間が地球を滅ぼす可能性についてはもはや誰もが知るところで、具体的な改善策を出さずに「信じたい」なんてぬるいこと言って見守ってたから結果こうなってるんだ!、というのがぬらりひょんの主張のはずなのに。
 そこで返すセリフは、「信じたい」じゃあないだろう。
 あと、「信じる」と「無策に怠惰に無責任に見守る」と「相手の可能性に期待をして積極的に働きかける」は、また別モノでしょう。
 鬼太郎は、この場合、「ぼくは、この手段の非道さを受け入れられないし、人間には改善する可能性があると信じているから、ここまでの強硬策は取りたくない。よって、もっとソフトな別の方法で人間に意識改善を迫るべきだと思う。具体的なやり方としては、・・・・・・」と述べるのが、正しい対応じゃないのか?
 こう言われたら、ぬらりひょんにだって話し合う余地はあっただろうに。
 若造が、考えずに情緒だけで反応して、闇雲に「信じたい」とか言葉だけは綺麗だが対応としては全然なってないセリフを返すから、そりゃあ、ぬらりひょんもイラっときただろうな、とむしろぬらりひょんに同情しました。
 誰も、彼の話をちゃんと聞いて対話していない。
 そりゃあ、「わしは最初から一人だ」と言ってしまうよ。他者の理解を求めることに労力を払うより、他者を支配して円滑に事を進めようとするよ。

 ちゃんと話聞いて対応してやれ鬼太郎、と思いました。とても。
 正義の味方なのならば、人間だけじゃなく妖怪にも優しくしてやれ。主張の正当性や意義と、手段の残酷さは、また別の話なのだから(1セットにして評価すべきでなかろう)。



 次回作がありそうな作りだったので、次回作でまたぬらりひょんが「悪」の孤独をかみしめていたら、・・・・・ぬらりひょんのファンになってしまいそうです(苦笑)。

 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。