コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「善良な母よ。悲しむことはない」

 DEATH NOTE。月ミサ。
 世界には受け容れ難い苦痛ばかりがこうも満ちているけれど、それでも、受け入れないと先へ進めない。
 その事実に気づくことができるようになったのは、2ヶ月程経過してからだ。最初の1週間の記憶はほぼ無い。報告を受けた時、片付け(処分なんて酷い言い方赦さない)は既に終っていた。事切れた彼には会わせてもらえなかった。頭と口の軽い男から後に聞き出した話によると、最大級に厳重に、灰すら残さず片付けられてしまったらしい。
 悔しい。私は彼の奥さんなのに(まだ籍は入れてなかったけど、もう確定してた。紙切れ1枚あるかないかの差なんて些少なこと)。私に通告されたのは、彼という存在が滅んでしまったという事実。ただそれだけ。
 なんて、酷い。なんて、惨い。
 その後強制的に住居を処分されて引越しさせられ、私はほとんど食べもせず眠りもせず世界を呪いながら過ごした。仕事は当局の手によって全てキャンセルされていたが、そんなことももうどうでもよかった。ただただ、彼がいない世界が苦痛で。辛くて辛くて。
 自主的に自らを殺害するほどの気力は湧いてこなかったけれど、おそらく、その頃の私は緩慢に死へと向かっていたのだろう(そして誰も止めようとはしなかった。殺すほどの理由は無いけれど死んでくれた方がいいと、誰もが思っていたから)。
 その流れが止まったのは、『ソレ』を見つけたからだ。
 




 カーテンすらない窓から落ちる午後の陽は褪せて、代謝を停止しようとしているのかちっとも暑さを感じなくなった私の眼にはいっそ寒々しく見えた。床にだらりと転がって(躯が固まりそうなほど転がって)見るともなしに視界に映していた、この部屋。何ら興味を掻きたてはしないはずの生活感の無い部屋の何かが、意識の隅を引っ掻いた。チリリ、と痛いぐらいに。
 砂袋のように重い躯をのろのろと起こして、ぼんやり部屋を見回す。カーテンの無い窓。空っぽのベランダ。窓の外には、終焉の手前でぐずぐずと留まっている太陽と空。がらんどうの部屋に転がっているのは、ダンボール(最低限の生活必需品は私がこの部屋に入る前に開封されてセットされていたけれど、それ以外の私物は皆ダンボールの中)。壁には、空白のまま放置されている白々しいカレンダー。
 ぼんやりとカレンダーの数字を追っていると、ふと、ある事実に気がついた。今月はまだだ。そういえば、先月も。
 その事実に気づいた瞬間、私は弾かれたように動き出した。もしかしたらもしかしたらもしかしたら(早く早く早く確かめなくちゃ)!?
 いつだって望んでいたから、もしもの時のために常備しておいた。芸能界という戦場に身を置く立場だったから、不用意に見られて噂が立ったりしないように、サニタリーポーチの中に忍ばせて。焦りの余り震えそうになる手でポーチを開けると、案の定そこに試薬はあって。そして、一緒にノートの切れ端も在って。
 『ソレ』に、ノートの切れ端に触れた瞬間、私は全てを思い出した。
 私の信仰の全てを!






 試薬の結果は、YES。ノートに触れたことで記憶は完全に戻った。ノートの所有権を放棄する直前、私はやっぱり彼との思い出を保持したくてノートの切れ端を仕込んでおいたのだ(この先見の明に乾杯)。ならば、戦わなくては。
決意すれば行動に起こすのは早い(私は行動力がある女なの)。警察等諸機関の監視の目を掻い潜って、同じ神を信じる人々の下へ身を寄せた。
 私たちは、彼を裏切った世界に復讐する権利がある。だって、彼のおかげで世界の平和は保たれていた。彼が、彼という名の神がこの地上に降臨してから世界では戦争も内乱もテロも絶えた。その功績の恩恵に預かっておきながら、無慈悲にも彼を見捨てた世界の全てが、私には赦せなかった。だから、戦う。
 この子と一緒に。






 地下シェルターの一角で膨らんだ腹を愛しげに撫でる若い女性。その姿を遺した写真に向かって、彼の信徒たちは謳う。
「善良な母よ。悲しむことはない。いずれ必ず、御子によって世は清められる。夜空に輝く月に誓って」
 偉大な力によって悪を裁いた神の遺児を宿し神の血筋を繋いだ女性の名は、後の世に聖女として称えられている。

 



【おしまい】



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。