コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

だったら何度でも言ってやるよいいかよく聞いておけ俺は

 鋼の錬金術師。ロイ・マスタング。
 バケツの底にナイフで陣を刻む。水素と酸素を結合させるための陣は、さして難しくない(国家錬金術師にとっては)。
 青い光が瞬くと同時に、バケツに水が満ちた。その水で顔と手を洗う。本当は微細な砂を浴び続けている躯も洗いたかったが、こんな場所でそこまで無防備な姿は晒せない。屋根すら焼け落ちた廃屋では、裸足になることすらできない。割れた鏡の破片を踏む危険があるから。
 顎を撫でた指先にざらりとした感触が伝わって、無精髭がどこまで伸びたものか確かめようとして、鏡の欠片を覗き込んだ。
 曇った鏡面に映ったその顔は。



 憔悴した疲労したやつれた眼だけがギラギラと強い歪んだ強張った呪われた呪われた呪われた顔で。



 うっかり漏れそうになった呻き声を押し殺す。なあ、わかっててココに来たくせに何を今更?そんな資格があるとでも?
「俺は・・・・・・・・・悪魔だ」
 屍の上に立つ者に涙する資格などはないのだから、ちゃんと自覚しろ。
 そうして、生き続けろ。







【おしまい】


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。