コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ぬらりひょんの孫感想 ③

 感想の続きです。

 番外編が思ったよりたくさん入っていて、どれもテイストが違っていましたね。
 最初の2つは二期の脚本さんがプロットというのは、なんか納得しました。

 1つ目の話は、椎橋先生以外の人の手が入っているからこそ、ぬら孫の読者としては気になる猩影君の微妙さ解消の為のお話でしたね。それと、鴆様ファンにサービス、という感じが。
 猩影君は、せっかくの三代目世代妖怪で人間の母を持つというリクオ様の理解者になれる設定持ちなので、本来ならば、四国編前に短編で登場したり、京都編でリクオ様を見直す描写や戦闘シーンがあったり、そんなふうに描きたかったキャラなんじゃないかな、と以前から思っておりました。そこが補完されて収まった感触がします。
 鴆様は、そろそろ、嫁取りに本気になるべき。
 鴆様の年が謎だったのですが、猩影君より少し上ってことかな。


 
 竜二の話は、スピンオフ花開院シリーズとして読みたい感じですね。
 竜二が呪いをどう受け止めているのか、だから生き急ぐしゆら優先なんだろうな、と竜ゆら的に考えていたので、そこらへんが補完してもらえて満足です。
 ゆらさんは……お兄ちゃんたちと一緒にいる時が1番安心してのびのびして彼女らしく安定している感じがします。うん、末長くお兄ちゃんたちと仲良くしてください。
 魔魅流君の人間性が回復しつつある気がします。喜ばしいです。初登場時から京都編がかなりロボでしたが、以前と同じまではいかなくても、いずれ、ゆらのお婿さんになれるレベルに人間性が復帰しそうですね。
 秋房は、百石とどうなったんだろ。遠恋なのか、それとも失恋したのか。
 ところで、若、竜二に呪い解けたこと教えてあげて! 早く!



 狐様は、不思議な形になりましたね。
 京妖怪たちが捧げた畏れがあの器の中で自我を持ち、第三の人格となり、最初の2人が去った後残った、ということでしょうか。京妖怪の理想から産まれた妖怪だから、グレートマザー的性格なのかな。
 山吹乙女さんが、地獄に堕ちて鯉伴様に再会することも出来ずに狐様の中に溶けたままで個として転生も出来ない、というだと辛いなと思っていたので、山吹さん的には良い結末なのだと思います。
 最強だった鯉伴様が一太刀で死したのは、心折れたから、というのは納得できました。
 ただ、若菜さんはどうなんだろう、とこの話読んだ段階では思ったのですが、その後でDVDを観て、妖怪鯉伴は山吹乙女と地獄に堕ちて、人間鯉伴は若菜さんを待って一緒に極楽へ逝くつもりなんじゃないか、と思えるようになりました。



 呪いが解けて涙したあのシーン、すごく好きですが、泣くほど呪いが重かったのにちょっと驚きました。
 それで考えたのですが、呪いが解けたというのは、リクオ様にとっての父親の呪縛的なものも解けたってことかなぁ、と。
 リクオ様って、ライバルキャラがいない感じです。というか、本来はそれはゆらさんのポジションですが、ゆらさんが女子で女性に甘いリクオ様なので、張り合ったりコンプレックス感じたり、とかの方向にはいかなかった。
 でも、思春期男子としてコンプレックスがあったと思うんです。
 初期の分裂状態時に、昼が夜に対してコンプレックスがあったように、リクオ様は、最強と呼ばれた若く美しかった父親に対して、コンプレックスがあったんじゃないでしょうか。
 おじいちゃんは、リクオ様の記憶にある最初の姿からすでに畏れが減った老爺姿ですが、鯉伴様は強く美しく畏れに満ちた姿のまま逝ってしまいましたから。
 夜に変身出来るようになるまでは、似てないって言われまくったでしょうし。昼は可愛い顔立ちなのですが、鯉伴様が色気滴る美形最上級なので、陰口言う奴らいたでしょうし。昼夜統合してからも、自分が父親より弱いのわかってたし、周りの下僕たちは父の代の者が多かったわけだし。
 何より、お父さんは自分を庇って刃を受けて死んじゃった、妖怪として主として半端者のボクが生き残ってしまった、という感覚があったかもしれないですし。
 四国の時とかリクオ様焦ってましたが、あれは、リクオ様内で想定したライバル兼目標が鯉伴様で、未熟な自分をついつい比べてしまって、だから焦ってた、とかだと思うと、納得出来そうです。
 普通、少年マンガで主人公がコンプレックス抱く相手がいるなら、相手にぶつかって認めてもらって乗り越えればいいですけど、相手が故人だから、自分で自分を認められるラインまで行くのが難しかったんじゃないかな。
 鯉伴様から狐の呪いを解いてくれてありがとう、と言われたことは、つまり、鯉伴様に認められ赦された、ていうことで、だから泣くほど感情が揺れたんじゃないかなー。

 いや、リクつら的にも呪いで思い悩んでいたと思いますけどね! 呪い、大問題でしたからね!


 次回感想は、そこらへんを語ります。今夜はもう寝る。
 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。