コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

お前がオレにくれるもの ⑤ 2012/9/23 23:55

 ぬらりひょんの孫 リクつらss。

 リクオ様お誕生日祝い連作その⑤。


 人影が、他に人気の無い縁側をうろうろと行ったり来たりしている。
 畏れの羽織を羽織ったうら若く美しい娘は、障子の前で足を止め、意を決した様子で顔を上げて、耳まで赤くなり、両袖で顔を覆って蹲ってイヤイヤと首を振ってから、落ち着かぬ様子でそわそわと廊下の端まで歩き回り、3往復ぐらいすると、また障子の前で足を止める、というのを何度も繰り返していた。
 本日は、奴良家の総大将がお生まれになった日。
 総大将生誕の宴は、彼本人をよく知らぬ客たちから見れば表面上は滞りなく、彼をよく知る下僕や友からすれば頭を抱えたくなるような様子で、(一応)恙無く終了した。
 元来夜型の妖怪屋敷である奴良家の宴は、途中で幾人が潰れようとも朝まで飲み騒ぎ続ける者がいるのが常だが、本日の宴は、側近衆が人間の学友を送る為に出て行った時点で主が宣告したので、ピタリと終わった。今、屋敷は、異様に静かだ(側近衆は帰ってきていない。送った足で化猫屋にでも行ったようだ)。
 主は、本来ならば、宴はそのままに続けさせ、己1人で惚れた女を探しに行こうと思っていた。だが、宴の最中に荒鷲組の長老から電話が掛かってきたので、気を変えたのだ。
 主は、昨夜と同じく、待っている。
 問答無用で押し倒してやろうと逸る心をなんとか宥めながら、この先未来永劫を共に歩む相手との最初だからこそ無理強いはすまいと思い直して、ちょろちょろ落ち着きが無い廊下の気配に心乱されつつも、待っている。
 己の想いが報われることを、祈りながら。



 やがて、そろそろ、そろそろと障子が動いて。鈴の鳴るような声が、彼の名を呼んで……


≪つづく≫




スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。