コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

今週の鯉さん

 今週のジャンプ感想。
 
 めだか:阿久根書記が持ち上げられているが、このイケメン、なんか心に残らないんですよね。歪みでは球磨川君に勝てないし、正しさでは善吉に勝てないだろうし、作品最強キャラはめだかちゃんだから、器用貧乏な印象しかない。わざわざスポット当てなくていいと思うのですが。

 保健室:えーと、もしや、そろそろ終わりですか?

 NARUTO:ああ、やっぱりまだサスケが好きなんだね、サクラ。一瞬ナルトに揺れたりするのかと思ったわたしが、間違っておりました。ダブルヒーロー制のこの漫画、サスケ側のヒロインはやっぱりサクラだと思います。

 ぬら孫は、長いので以下にあります。

続きを読む

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

キリ番リクエスト受け付けました!

 キリ番リクエスト、33333番の申告はありませんでしたが、33334番のしのぶ様から申告がありましたので、しのぶ様のリクエストを受け付けたいと思います。
 キリが悪い数字ですが、それこそうちっぽいかなーと思います(笑)。

 もし、33333番の方の申告がありましたら、その方のリクエストも受け付けます。

 以下に、しのぶ様へのコメント返信

続きを読む

コンテントヘッダー

高砂や・拾参

 だらだらと続いて参りましたこの高砂やも、これにて最終話でございます。

 では、以下へどうぞ!

続きを読む

コンテントヘッダー

コメント返信です

 コメントありがとうございました!
 以下、返信。

続きを読む

コンテントヘッダー

赤福氷シャリシャリー

 新しく整えられた大阪駅周辺をぶらついて、赤福氷を食べて来ました。
 まだ氷には早い季節ですが、16巻を読み返す度に氷が食べたくって食べたくって。

 なので、せっかくだから、リクつらに赤福氷+αのレポートを語ってもらいます。
 
 以下、リクオとつららが梅田に遊びに来ました、の巻

続きを読む

コンテントヘッダー

逢うた初回に 好いたが因果 みんなそなたがあるゆえに

 リクオとゆらとつららで、「悪」について。
 リクオとゆらの間にあるのは、純然たる友情です。
 CPは、リクつら。

 あ、うちのゆらは、原作で違う事実が描かれるまでは、中2の春に浮世絵町に戻ってくる設定です。

 旧家の跡取り(候補)で自分ちの書物とか普通に読んでいそうなので、リクオとゆらは古典は勉強の必要がないと思っています。花開院家歴代当主の日記とか、リクオにとってお父さんの日記とか、普通に古典ですよね。

 では、子リクオ様、お気に入りの側近の見合い話を阻止なさったの巻、以下からどうぞ~。

続きを読む

コンテントヘッダー

気になる行間

 少年マンガ、特にジャンプのバトル系漫画というものは、展開にスピード感が必要な為に、しばしば、何やらがあっただろうに語られなかったシーン、と読者に思わせる部分がございます。
 原作沿いの二次創作を好む人々は、この行間の存在に気づき、「わたしはこういうこういうことがあったと思う!」と語ることでお話を作るもの。
 なので、わたしが気にしているリクつら的行間を、以下にメモっておきます。

・土蜘蛛戦い後の「知りません」~弐條城突入までに、いかにしてつららのご機嫌を直したのか?

・京都の戦いが終った日は、奴良組ご一行が花開院本家に泊まったはずだが、清十字団は一緒だったのか?帰宅時の交通手段は宝船?

・リクオの13歳の誕生日が三代目の襲名式の日ですが、きっとプレゼントとか渡してるはず

・クリスマスはどうやって過ごしましたか?

・初詣、最後の一コマに登場するまでと、登場した後

・バレンタインはカバー裏として、ならばホワイトデーは?

・つららの誕生日は?

・皆でお花見カラー記念写真の後、リクオの両隣が埋まっていたが、つららはどうしたのか?
コンテントヘッダー

にほふより春は暮れゆく山吹の花こそ花のなかにつらけれ

 山吹乙女の元ネタは山吹伝説でしょうね。
 で、名もなき幽霊に鯉半様が山吹乙女の名を与えたということは、二人の出会いは、こんな感じでしょうか。


①今日も今日とてふらふらほっつき歩いていた奴良鯉半、にわか雨に合い、あばら家の軒先を借りる。あばら家の裏手には、雨に濡れた山吹が咲き誇っていた。

②あばら家に住まうは、恋も知らずに早世した美しい娘の幽霊。名もなき彼女は、死した後も此岸に留まり続ける我が身の不思議を静かに受け入れ、化け物屋敷の小妖怪たちとひっそりと暮らしていた。
 裏口から聞こえた物音に、娘幽霊は戸口を潜ると、そこには一人の美しい男がいた。

③鯉半は、奥から出てきた娘幽霊の美しさに見惚れながら、「悪ぃな、お嬢さん。雨に降られちまった。ちょいと蓑でも貸してくれねぇか?」と話しかける。

④娘幽霊は、突然現れた美丈夫に驚きながらも蓑を貸してさしあげたいと思うが、侘びしきこのあばら家には蓑すらありはせぬ。幽霊とはいえ若い娘のこと、我が身の侘びしさを口にするを恥じて、山吹伝説の故事に託して山吹を一枝手折り、そっと差し出す。

⑤風雅を愛するぬらりひょんの倅である鯉半は、すぐに娘幽霊の意図を解し、その楚々とした振舞いに心惹かれる。
「なら、雨が止むまで雨宿りさせてもらってもいいかい?」

⑥にわか雨が止むまでの一時、心弾ませて語らう二人。娘幽霊は、生前でもこれほどに胸がときめくことなどなかった。

⑦翌日、昨日の男の面影が忘れられず山吹の花を眺める娘幽霊の前に、再び男が現れる。
「昨日はありがとさん。礼と言っちゃなんだが、この蓑と傘をもらっちゃくれねぇかね?雨に濡れる山吹も美しいが、あんまり雨を浴び過ぎちゃ花が萎れちまいそうで、気が気じゃねぇからさ」「山吹?」「そう、お前さんのことだ。お前さん、昨日、名が無いって言ってたろ?だから、一晩考えたんだが、山吹乙女でどうだい?」「妾の名前・・・・」「気にいらねぇかい?」「いいえっ。いいえ!鯉半様!」
 人は名によって己と他者を区別出来る。天土の気が凝った妖は、名を得ることで、己の存在を確立する。故に、己がこの世に在る理由もわからなかった名も無き娘幽霊は、この時、山吹乙女という名を得て、妖として生まれ変わったのである。
 
⑧やがて、幾度かこの化け物屋敷へ通った鯉半は、ある日、海岸に山吹乙女を連れ出して、こう告げるのであった。
「一緒になるぞ。一生・・・ついて来るんだ」
 鯉半によって花開いた美しき山吹を、雨も無いのに濡らすは、嬉し涙。悲しき別離に朽ち果てる未来も知らず、山吹は今を盛りと咲き誇る・・・・


 
 ・・・・わかっていたけど切ない感じになりますね。
 タイトルを、『にほふより春は暮れゆく山吹の花こそ花のなかにつらけれ』とかつけると、余計に・・・・・ 
コンテントヘッダー

コメント返信

 高砂やに拍手ありがとうございました。
 以下に、返信しております。

 高砂や、まだ言わせ足りないことがあるので(こんだけ長く語りながらも)、今、首無と毛倡妓を交えて続きを語らせております。
 夏インテにぬら孫で出ようかなーと思っているので、続きは本にしようかな。

続きを読む

コンテントヘッダー

つららの人気

 普段はそういうの全然見ないのですが、今、ちょっと出来心で2チャンのつららスレを見て驚いた。
 2チャンのキャラスレって、男性向け全開で発言がアレなのが標準な感じなのに、まぁそういう発言もありますが、概ねほのぼのと愛されていて、リクオとの仲を応援されている・・・珍しい。
 同じ女性キャラをメインで扱っている男性向けと女性向けの違いとして、女性向けはCPの相手が固定されている場合が多く、男性向けは固定どころか透明人間な場合もある、と認識しているので、なんか皆、つららの恋を応援してくれてて・・・・嬉しいです。雪麗さんも愛されてたし。

 鯉半様が好きなので過去編でたくさんお姿を拝見できるのが嬉しいのですが、鯉半様でぬらりひょん成分は補給できてますが、雪麗さんは二代目の側近じゃないから出入りについてきてくれなくて雪女成分が補給できないのが寂しいです。雪麗さんのあの表紙は、大変素晴らしかったですが。
 
コンテントヘッダー

高砂や・拾弐

 延々と語りあってきた鴆様と良太猫は、地の文でせっせと盃を干しておりました。
 なので、酔っております。

 鴆様は、自分の体を把握していてお医者さまなので、普段総会などの時は酒量をわきまえた飲み方をしておられることでしょう。ぐでんぐでんになって転がったりとかはしないと思う。
 けど、全体的に身体が強くないわけだから、そんなに酒に強くはないと思うんですよねー。
 で、今夜は語りに夢中になりましたので・・・・・

 良太猫はお調子者なので、ぐでんぐでんになることも少なくないに違いない。

 というわけで、↓の二人は酔っています(笑)。

続きを読む

コンテントヘッダー

コメント返信です

 コメントありがとうございましたー!嬉しいです!
 以下に、返信を認めております。

続きを読む

コンテントヘッダー

今週の鯉さん

 今週の鯉さんもやっぱりカッコよかった。

続きを読む

コンテントヘッダー

高砂や・拾壱

 鴆様と良太猫のリクオ嫁取り論、想像してみろのコーナー。

 いや、わたしが想像してみて、ホント寒々しいと思ったから、鴆様に言っていただきました。
 でも、これ実現したら本当に昼メロですヨ・・・・・

続きを読む

コンテントヘッダー

コメント返信と、・・・しつこく次世代妄想

 以下に、コメント返信と、・・・・しつこく続く次世代妄想です。
 いや、次世代妄想は、ネタがたくさんありまして・・・・・またしてもラテン無双小ネタ、3連発です。

続きを読む

コンテントヘッダー

夜もすがら

 ぬら孫ss。リクつらと遠野、みたいなのをいくつか書きたいです。
 今回は、冷麗。

 水鏡は雪女が好きなんですよ。銀魂の銀さんはナースだと加点3らしいけど、わたしも雪女には加点3です。氷麗も、雪麗さんも、冷麗も、雪子姫も、ゆきめも、雪菜も、おユキちゃんも好きだー!しまった、楠桂の恋してフローズンをもっかい読みたい!

 小説2巻で冷麗が言ってたリクオの台詞、『うちの雪女にも教えてやってくれ』がいいなと思ったので、そのシチュエーションについて妄想を広げてみました。
 
  

続きを読む

コンテントヘッダー

鏡よ鏡よ鏡さん

 『化粧する脳』なる本を読みました。
 男性の研究者が化粧を研究したというのは画期的なことだろうし、この本の内容は最もだと思いましたが、・・・弱ぇな、とも思いました。
 化粧という行為によって脳の報酬系が働いている、という研究結果にはさもありなんと思ったが、それだけじゃあ済まないだろうよ。
 日夜繰り返される化粧なる行為の原動力は、美しくなる喜び、社会に積極的に参入しようとする意志、などの良きモノだけではなく、いやむしろ、時には、『社会』からつまはじきにされたくない、否定されたくない、という恐怖の方が切実だったりもするんじゃないですかね。
 『美しくない女』に『社会』がどれほど冷酷か、この著者のような、男が髪を整える姿もどうかと思う、とか言ってりゃすむような生き方してる男性に、わかんの?・・・・わっかんねえんだろうなー。
 だから、弱ぇよ。甘いよ。
 化粧を研究なさるならば、白雪姫のお妃さまが、どんな気持ちで「鏡よ鏡よ鏡さん」なんて毎日鏡に話しかけてたのか、一度くらいは考えてからにしていただきたいですね。
 鏡に向かいあって化粧をしているその時、お妃さまの脳にあるのは、ドーパミンじゃなくて、絶望と、希望と、焦燥と、も一つ絶望だろうよ。
 せっかく、目以外を覆い隠してしまうイスラム教徒の女性の衣装を着て安心できた女性の話を取り上げたりしたんだから、もうちょっとそこいらへんツッコんでいただきたかった。

 麗しき蓮の如く美しき顔を論じるとな、大いに結構。
 だからこそ、思いを馳せていただきたい。
 蓮が浮かぶその沼が、どれほど昏く、深く、豊かであるのかを。

 この深い絶望こそが、希望と美の母胎なんじゃあありませんかねぇ?
コンテントヘッダー

コメント返信と、次世代妄想話

ラテン無双にコメントくださった方

 またコメントありがとうございます!
 全くの妄想に過ぎない次世代話にお言葉をいただけて、ありがたいです。
 昼姿なのに剣呑な口調で、父としてというより男としてラテン無双を叱るお言葉が大変素敵だったので、以下に、その続きを綴ってみました。
 勝手に拝借しましたこと、ご容赦いただければ幸いです。

 
 というわけで、以下に、先日の次世代妄想「リクオとつららの長男李氷が、母親に叱られてたら口説きだした」の続きとして、「その後、息子、昼リクオ様に叱られる」の巻。
 最初のリクオ様の台詞は、素敵なコメントより拝借しております。
 
 

続きを読む

コンテントヘッダー

高砂や・拾

 高砂や、本文は書き終わったので、読み返してチェックしてから、順次UPしていきますね。
 しかし、まだ、原作のリクつら萌えポイントは全部語りつくしていないので、続きを書こうかな。今度は、首無と毛倡妓も交えて。

続きを読む

コンテントヘッダー

未来日記

 未来日記、最後まで読みました。
 アニメ楽しみだなー。

 以下、ネタばれしまくりな感想。

続きを読む

コンテントヘッダー

最近の神楽ちゃんとか球磨川くんとか

 ワンピースは単行本派です。登場人物が多過ぎて、カメラの移動多いので、そうしないと流れがわかんない(わたしの頭では)。
 ぬら孫は、現在、独立して呟いております。
 なので、他の作品の感想とか、ちょっとまとめて以下に。

続きを読む

コンテントヘッダー

今週の鯉さん・・・関連の検証というか

 今週、意外な人物が出て来ましたね。
 というわけで、時系列と時間経過が気になったので、以下に考えてみました。

続きを読む

コンテントヘッダー

高砂や・玖

 この話、鴆様と良太猫がつらつらと語っているのですが、なぜ本家の妖怪をさしおいてこの面子かというと、べらんめぇ口調が楽しいからです。
 特徴的なしゃべり方をするキャラクターをしゃべらせるの大好きなので、任侠っぽい鴆様の語りを書けて、楽しいったら。

続きを読む

コンテントヘッダー

ラテン無双

 昨夜、あいらさんと次世代妄想について語り合いました。
 なんだコレ、すごく楽しい!
 あんまり楽しいので、書いてしまいたいです。
 リクつらの子供、兄は李氷(りひょう)、妹は咲麗(さくら)とか言って、兄は初代と二代目を足して割らなかった感じで、妹はつららそっくり、というわたしの趣味爆発な感じ。
 ぬらりひょんの血筋はラテンの男だと思っているので、兄はラテン無双な感じになりました(笑)。

 以下に、兄×母、兄×妹を。

続きを読む

コンテントヘッダー

アニメ

 今、アニメ一期がケーブルテレビでやってるので、視聴中。
 つらら可愛い!ホント可愛い!

 でも、やっぱり納得いかない~!
 つららをプッシュしろとは言わないけど、物語にカナちゃん視点をたくさん挿入するより、リクオ視点をいっぱい入れてくださいよ~!
 それに、今気がついたけど、アニメのカナちゃんはリクオを気にしてはいるけど、直接接触して触れ合わずに、自分の乙女チックフィルターかけた視界で観察してるだけだから、全然話進まなくてイライラする。幼馴染だとあれだけ主張してるんだから、気になるのなら、直に聞きなよー。はぐらかされても、根性出して追及しなよー。
コンテントヘッダー

高砂や・捌

 水鏡は、普段、全部決めてから話を書き始める派ですが、このシリーズだけは、リクつら萌えポイントをつらつら語らせたいだけだったので、何にも考えずに書き始めました。
 が、どうやら、鴆様には意図があったらしいです(この部分書くまで知らなかったのですが)。

続きを読む

コンテントヘッダー

狐の呪い

 狐の呪い、とけてるんですかね?
 とけてない方が、ぶっちゃけ、リクつら的に萌えですが。
 
 という話を、以下に。
 
 

続きを読む

コンテントヘッダー

高砂や・柒

 もう7か。
 うーん、この分だと12は絶対超える(今10を書いているから)。
 何時間話してるんだろう、この方々。
 鴆様、喉は大丈夫ですか?
 でも、リクつらってネタがつきないから、しょうがない。

続きを読む

コンテントヘッダー

リクつらの体格差とか

・夜とつらら

 夜姿の方が、なんだかつららに対して優しいような印象があります。
 単に、戦闘シーンでの出番が多いから、庇っている姿でそういう印象を受けるのかもしれませんが。
 あと、夜姿になると、「ちまちまとメールなんか書いてられっか!めんどくせぇ!電話するぞ!」という感じで、言葉を連ねるより直接行動、になる気がするので、そう思うのか。
 
 つららは小柄で、夜姿になると自分が大きくなる分、「こいつって、こんなに小さくて華奢かったっけ?」みたいな感じで、つむじが見えたり、手の大きさが違うのを実感したりする度に、守りたい度が上がっているのならば、おいしい。
 
 普通の体格差CPより美味しいのは、昼→夜に変化する度に、つららとの体格差を意識しそうなところでしょう♪
 だから、夜姿の方がつららを守りたい気持ちが強いとか。



・昼とつらら

 同じ人間でも、気分によって、「電話してもいいんだけど、メールの方が相手も後で確認できて便利だよね」と思ったりするように、昼は考えてから行動派。
 それに、本家ではホームなので好きにしてらっしゃるでしょうけど、学校では常に気を使っていそうなので、つららに対しても夜ほどあからさまでない、とか。

 つららはリクオの守役(この設定は本当においしい)なので、お姉さんなつららに甘える気持ちもあって、夜ほど守るモードに入っていないとか。
 良い奴なはずの昼の奴良君が、つららに対してだけ遠慮なかったりする様子に、甘えを見て萌えます。「~してよ!」という口調が、お坊ちゃまと姉やっぽくて、何かイイ。

 昼も夜も同じ方ですが、昼はちょっとコンプレックスがあって、身長とか体格とかつららとそんなに変わらないのを気にしてらしたら、かわいいです。「いや、夜がああなんだから、そのうち背は伸びるって思うけどさ。でも今は・・・・」みたいな。
 

 
 とかいう違いがあって、つららに守られた場合の反応も、

【夜】
「下がってろ!」とすかさず位置を入れ替えて庇う。

 この方、四国戦から、つららに対してはこういう対応ですが、冷静に考えて、側近が大将の後ろに下がってどうするよ?と思います。首無とか青とか黒には絶対言わないだろうに。

 そう考えると、鬼纏は大変イイ技なんですね。
 もう二度と浚われたくないから近くにおいておきたいけど、大将戦する自分の近くも危ないよという状況で、発動さえすれば背中に背負ってられますから。離れた場所のつららを心配しなくていい分、お得な技。
 だから、弐條城で、他にも側近いるのに、最初つららを指名したような気がします。 



【昼】
 (初期)自分が人間で強くないことはわかっているが、思春期男子として、華奢くて可愛い女の子に守られる己に納得がいかずにいら立ち、ついつっけんどんになる
 (中盤以降)場数を踏んで、冷静な対応ができるようになったし、昼姿でも牛頭丸しばく程度には戦えるとわかっているので、気持ちに余裕がある

 初期の若様は、自信が無くて、昼姿の己の力無さを歯痒く思っておいでだからこそ、華奢いつららに守られると自分自身が苛立たしくて邪見にしてしまったとか。ちゃんとお礼を言える子のはずなのに、旧校舎で守ってもらった時とかお礼言ってないっぽいし。
 反抗期の名残もあったんだろうな。「もーいいよ!自分でできるから!」とか、「別に、そんなにまでしなくても・・・」とか、「守ってくれなくて、いいよ」とか、そんな子供っぽい台詞を言っていそうだ。つららに対して甘えがあるからこそ、余計に。

 現在の三代目は、成長したし自信もあるので、昼姿でも焦っておりません。
 「いつもありがとう。これからも頼むね」とか、「無理はしないでおくれよ?でも、いつも助かってる」とか、「うん、つららのおかげで無事だよ。ありがとう」とか言ってくれそうです。
 中1なのに、中身が大人だなぁ(かの有名な中2病ほぼ発症せずに成長してらっしゃる)!   



 ギャップ萌えがあるので、あんなに凛々しい男前な夜が、つららに対してワガママ言ったり甘えたりすると、とっても萌えます。つららもきゅんきゅんすると思います(笑)。膝枕とかねだってください。是非。
 かわいい顔した昼様が、鮮やかに賢さを見せつけたり、凛々しく戦ったりなさると、とっても萌えます。焦るドジっ娘つららを余裕をもって宥めたり、つららを守ってあげたりして、頼り甲斐を見せつけて、きゅんきゅんさせてあげてください。
 
 「女は、可愛い男と、可愛がってくれる男が好き」(そりゃそうだろう)と言いますが、リクオ様は、昼と夜どっちも、「可愛い男」なところと「可愛がってくれる男」なところがあって、2×2で、合計4パターンも美味しいポイントがありそうです。
 そりゃ、つららもメロメロになりますな!

コンテントヘッダー

カノジェシについて

 うみねこの考察サイトさんへ一度行ってしまうと、なかなか出て来れません。
 多大な可能性と解釈があり、読者と解釈者の多さから、事態は、己で全ての解釈を紡ぎだすというよりは、提示されている多くの中から自身の真実を選び出す(時に創り出す)というところにきている気がします。
 で、わたしがずっと引っかかっていたのは、嘉音君と朱志香の恋なのですが、今日はこれについて自分内解釈が成立した気がしました。

 以下にて、その語り。

続きを読む

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。