コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

読んで字の通り

 『忙しい』とは、「心を亡くす」と書きますな。
 まさに、読んで字の通り!
 心がおっこちてます。時間感覚が変です。
 週末には心を取り戻せていたらいいな・・・・・
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

カニカニ1

 近畿でカニカニと言えば、言わずと知れたあそこです。
 城崎に行ってきました。

続きを読む

コンテントヘッダー

三行半

 12日には、きょうさんと京都へ行ってきました。


 北山紅茶館に行ったのです。
 場所はちょっと行きにくいのですが(寒かった)、お店はとても素敵な雰囲気でした。形容する言葉としては、カントリー・ナチュラル・グリーン。春になったら、テラス席がいい感じなんでしょうねえ(今だと我慢大会になってしまいますが)。
 二人とも、アフタヌーンティーを注文。
 わたしも大概食べることに本気ですが、きょうさんはこの日で三日連続アフタヌーンティーなので、その心意気にちょっと感服します(笑)。
 ポットサービスの紅茶は、旅館の一人鍋であるような、蝋燭を据えた枠組みの上に置いて保温できるようになっていました。アフタヌーンティーでこういうのは初めて見た。
 サンドイッチと、スコーンと、本日のケーキであるイチゴのムースと、プチシュークリームとジンジャークッキー。
 量的には軽めでしょうか(わたしが北浜レトロのアフタヌーンティーに慣れているからそう思うだけかも)。
 スコーンが美味しかったです!



 その後、安井金毘羅神社へ移動。
 いや、大阪から京都への移動中に、わたしが自分の話をしていたら、きょうさんが、「水鏡さんは縁切り神社に行って、トラブルの神との縁を切るべきです!」と言い出したから(笑)。 
 それでわたしも、切れるものならその縁は切っておきたいな、と思いまして。
 安井金毘羅神社は、八坂神社から南に下ると参道の入り口があります。参道のすぐ隣にはラブホがあり、ここから出てきた直後にこの神社で縁切りを願って参った人はきっといるに違いない、なんて思いながら歩いて行くと、本殿はすぐです。
 本殿の手前には社務所と、縁についてご利益があると伝えられる岩があります。
 岩の真ん中の下の方に、大人が這いつくばったら通れるぐらいの大きさの穴が貫通していて、この穴の下方から神通力が生じているのだそうな。なので、この穴を表から裏へ潜ると悪縁を断ち、裏から表へ潜ると良縁を授かるのだとか。
 穴は短いですが、狭いです。身長158センチ程度のわたしが狭いと思うのだから、わたしより体格のいい人はもっと狭く感じるでしょう。ていうか、体格のいい男の人とか通れるのかな、これ。
 短いですが狭いし、この日は寒かったから、穴を潜るのはちょっとしんどい。でも、だからこそご利益に期待したい気持ちになる。
 狭くて暗い穴を潜り抜けるという行為は、たぶん、一種の胎内回帰なのでしょう。だから、生まれ変わることによって、悪縁を切り、良縁を結ぶ、という考え方があるんじゃないですかね。

 
 穴を潜って、形代にお願い事を書いて岩に貼りつけて、祈願完了。
 さて、運勢はどうなったかな、とおみくじを引いてみると・・・・・・・・・半吉ですか。しかも、悪縁度が60%。
 なんだろうな、コレ。一回生まれ変わったぐらいじゃ足りないということかな?
 などと思いつつ、神社の出口を見ると、物陰から黒いにゃんこがダッシュして出口を横切り・・・・・・・・・・
 この黒にゃんこのダッシュ、きょうさんは見ていませんでした。だから、その後彼女が通ったとしても縁起がどうとかいう話にはならないでしょう。
 だけど、わたしは見ていたからアウトだろう。うん。
 本当に、ドラマか何かのような出来過ぎのタイミングで、黒いにゃんこは目の前を横切っていきました。わたし、黒いにゃんこは好きですよ。黒い毛皮に生まれついたばっかりに、他の毛色のにゃんこに比べてイロイロ言われてかわいそうだな、とも思っておりますよ。だから、普段は目の前を横切られても気にしませんよ(黒いにゃんこを飼っている人はどうなるのだ、と思うし)。
 でも、ね、このタイミングだと、ね・・・・・・・・・・・・


 もう1回穴を潜っておきました。
 あれだ、おみくじが60%と言ったのは、100ー40=60という計算なんだろう。だから、1回潜り抜けることで40%の悪縁が切れるのではないでしょうか。だから、わたしは、残り20%に減ったわけですよ。おお、100と20じゃ大違い!
 と、気を取り直してみました。しっかし、ホント、わたしの人生はこーいうことがこーいうタイミングで起こりますなぁ。4コマ漫画的というか・・・・・人生にオチはいらんのだが。



 その後、八坂さんにもお参りしてきました。
 この日の京都は、当たり前ですが、新成人を多く見かけました。おそらくアンティークであろう振袖を個性的に着こなしたお嬢さんとか、この寒いのにスーツの上にコートを羽織らない男子とか(年中半袖の小学生男子じゃないんだから)。
 1番気になった新成人は、金色の羽織の男子です。形は普通に羽織袴なのですが、羽織が金一色でした(中の着物や袴にも金が入っていたような気がする)。マツケンサンバのバックダンサーが着ていそう、と言えば雰囲気を掴んでもらえるでしょうか。
 なんだったんだろうな、アレ?あんな羽織は普通に売っていないし、普通に作るのも無理だろう。舞台衣装を借りるか何かして着てきたとしか思えない。うーん、不思議だ。あれを着てカラオケでマツケンサンバを歌ったら絶対受けるだろうけど、一生に一度の成人式なのにいいのだろうか(笑)。


 世界の隙間的なモノを見てしまうのは、トラブルの神と関係あるのだろうか。
 縁が切れてて欲しいなあ(切実に)。
コンテントヘッダー

1/11

 インテ、楽しかった!


 11日は、千早さんのグッズサークル【薔薇色‐Rose colors‐】の売り子でした。
 【薔薇色‐Rose colors‐】は、和物も洋物もあり、自作のお花を使用したコサージュをメインに、簪やシューズクリップなども作り、グローブクリップも扱う上に、プーリップのお嬢様がイメージキャラクターで、プーリップにぴったりサイズの椅子を販売したりもするグッズサークルです(この説明で間違ってないよね、千早さん?)。
 水鏡は、このグッズサークルで、着物+エプロンで、赤いウィッグに千早さん製作の白椿の簪をさして、売り子をしていました。

 自分で出るのと売り子で出るのは、やっぱり気持ちが違いますね。どちらにしろサークル入場時間内に入る為に朝は早いですが、前夜に作ったコピー本やチラシをチェックとかしなくていいから、余裕があります(笑)。
 それに、コピー本やチラシなんかをキャリーに入れて持っていくのがいつものパターンだから、それに比べると行きの鞄が軽い軽い♪

 梅田→本町→コスモスクエア→中ふ頭、というルートで行きました。
 本町の乗り換え時に人が多くて、コスモスクエアの乗り換えを案じておりましたが、9時半頃コスモスクエア着だと乗り換えはスムーズにいけました(混んでることは混んでましたが)。冬の朝にたくさん歩く羽目にならなくてよかった。
 
 スペースについたら、ディスプレイです。
 本を扱うスペースでは、机上の雰囲気作りなどよりも、いかにして機能的に本を並べるか(新刊は前列の真ん中あたり、既刊を全部並べられるか、別ジャンルの本はどうするか、等)でいっぱいいっぱいなのですが、グッズサークルのディスプレイは楽しいですね!
 お客様から見て、見やすく、わかりやすく、手に取り易く、且つ、雰囲気を作る、というのが楽しかった。

 日曜日は気持ちよく晴れてましたから、やっぱり人出は相応でしたね。
 でも、駅員さんがやたら張り切っていたおかげか、乗り換えはわりとスムーズだった気がします。
 
 買い物に行かせてもらったのですが、本を買った時にサークルさんが衣装についてお声掛けくださったので、白椿簪をアピールしてきました(笑)。
 晴れなら、着物で椿の簪を挿して売り子をするのは確定だったから、赤いウィッグでもおかしくないように着物を選んだつもりだったので、その選択が間違っていなかったようで、よかった。

 売り子中は、道行く人を見ているのも楽しかったです。
 すごくラフな格好の方もいらっしゃいますが、とてもおしゃれな人もたくさんいるから、イベントは通行人観察のし甲斐がありますよね。
 冬のイベントだから、寒い館だと皆さんコートの前をきっちり閉めていて目に寂しいのですが、6号館Cは暖かいから前を開けたりコートを脱いだりしていて、華やかでしたv

 イベント後は千早さんとお茶をしました。が、・・・・・・・・・・会場内では赤い髪に違和感を感じなかったのですが、会場を出ると、だいぶアレですナ(笑)。
 

 グッズサークルの売り子、楽しかったです。
来て下さったお客様、お声掛けくださった方、千早さん、ありがとうございました。
コンテントヘッダー

薔薇色‐Rose colors‐

 1月11日のインテでは、千早さんのグッズサークル【薔薇色‐Rose colors‐】で売り子をします。
 これまで何度も千早さんに売り子をしてもらっていたので、千早さんが出るならわたしが売り子をする、という約束だったのです。
 いい売り子になるぞ!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、お買い物には行ってしまいますが(ゴメン。でも、萌えには逆らえないんだ)。


 千早さんがグッズサークルのブログを立ち上げたので、リンクを貼りました。
 ディスプレイも売り物も草案の頃から話を聞いてきたので、当日がすごく楽しみです(わくわく)。

 スペース番号は、
  6号館Cゾーン ひ5ab 薔薇色‐Rose colors‐
 
 インテにいらっしゃる方は、よろしかったらのぞきに来てくださいませ。ディスプレイもかわいいはずなので。
コンテントヘッダー

お参り

 神社が好きです。
 宗教として、というよりは文化として。
 だから、旅先とかで神社を見つけるとよくお参りに行くのですが、今年の初詣は、北野天満宮と大将軍八神社に行ってきました。

 2日に行ったので、北野天満宮は案の定人が多かったです。また骨董市に行きたいな。
 この神社は、やっぱり、梅の時期が一番素晴らしい。境内の各所に植えられた梅は見物ですし、その辺りには行事も多くて楽しいです。

 大将軍八神社は、この神社を含む一条あたりの通りが、今、「妖怪」をテーマにしてアピールしているようで、ちょっとおもしろかったです。御所の鬼門封じの神社だから、そりゃあ、その周辺には怪異譚がありますからね。
 
 本当は、嵐山の野宮神社にも行こうと思ってて、実際に嵐山の駅からその方向に歩いて行ったのですが、時刻は夕暮れを過ぎて夜になっていたため、途中の竹林があんまりにも雰囲気があり過ぎる、と同行者がビビったので、また次回ということになりました。
 日本の神は善悪両方の側面を持っているからか、神社って、夜になると異様に雰囲気がある場所がありますね。
 以前、夕暮れ時に伏見稲荷のお山を散策した時は、すごく雰囲気がありました。
 刻一刻と陽が傾き、空は燃える紅から宵闇の濃紺へと移行していく時刻、お山は静かで、朱い鳥居が無数に連なっている。夜が忍び寄る中、影は密やかに領域を広げて、木々は黒く染まった。傾き、曲がりくねった道は、後にも先にも、朱い鳥居がただただ連なっていて・・・・・・・・
 いや、まあ、実際には、この幽玄な雰囲気の中で地元の方が平然と犬を散歩させているのに行きあったりするので、実はそんなに怖くありませんでした(笑)。
コンテントヘッダー

ハンドパワー

 大塚美術館で撮った写真が出てきました。
 反射の加減でこうなったのはわかるのですが、やっぱりハンドパワーだと思います。コレ。うちのカメラは空気読むコだなぁ(笑)。


2.jpg

ハンドパワーです
コンテントヘッダー

いらないツンデレ

問 以下の会話文を読んで、妹が語りかけている相手を推測せよ。

「大丈夫、見ててあげるから」
「君はできる子だ。がんばれ」
「わかった。隣についていないと寂しいんだね?」



 年末に、うちの妹が、この種のセリフをたくさん投げかけていた相手が誰かわかりますか?
 答えは、うちのプリンターです!

 いやあ、あの子、ひどいツンデレでした。
 わたしは去年、諸事情により親の年賀状130枚ほどを刷らなくてはいけなくなったのですが、プリンターがひどいことになってまして。
 給紙ローラーの不備のような気がするのですが、何度も何度もなり直しを要求されて、1枚の宛名を刷るのに1時間かかったりするような有様でした。1番ひどい時は。

 この国は八百万の神々がいます国です。
 厠や貧乏すら担当する神がいるのなら、家電にも魂が宿っていても不思議はありません。
 そのせいかな、家電の調子が悪い時に語りかけてしまったり、祈ってしまったりするのは。無機物を擬人化してしまうのは、日本人の特徴の一つでしょう。

 年末、わたしがプリンターのツンツンに疲れ果て、子供がひどい反抗期を迎えたが相談する相手のいない母子家庭の母親みたいな気持ちになっているところに、妹が助けてくれたんです。
 こういう時に逃げないで親身に対応してくれると、家族のありがたみを感じますね(そこまで言うほど追いつめられた気持ちだった)。
 妹は、プリンターの隣に立って、年賀状を差し込む角度なんかを工夫してくれたのですが、その時に、上記のようにプリンターに語りかけておりました。
 この時、わたしには、妹が、子供の反抗期に弱り果てた孤独な母親が出会った良いカウンセラー、のように見えましたヨ(笑)。思わず先生とか呼んで、その後は珍しいぐらい妹に優しくしましたよ。

 わたしたち姉妹は昔から無機物を擬人化して語る癖がありましたが、この日のわたしの気持ちは、本当に、わたし(孤独な母親):プリンター(反抗期の子供):妹(カウンセラー)、という感じでした。そして、マジで、プリンターは、人が横に立って見ていないと印刷を開始してくれなかった・・・・・・・・

 えーと、わたし、ツンデレキャラは好きですが、家電にツンデレは求めておりません。
 家電は、素直で従順で働き者な子がいいデス。



 元日に最初にしたことは、電気屋のチラシを見比べてプリンターを買いに走ることでした。
 一年の計は元旦にあり、なんて言葉は当てはまらないと信じたいところ(今年もまたトラブルの神との離縁に失敗するのだろうか)。

 新しいプリンターちゃんは、グレないで欲しいなー。
コンテントヘッダー

ご挨拶

 あけましておめでとうございます。
 旧年中はイロイロ・・・・・本当にイロイロ(いきなりサイトが消えたり、私生活でアレだったり)ありましたが、本年も宜しくお願いします。

 私事がアレだったので更新ペースがすっかり落ちていてすいません。
 書きたいものはあるのですが、どうにも時間が足りませんね。年末も揉めたし(プリンターと)。
 でもまあ、このブログは日記も兼ねているような代物なので、今年も、全く不定期に、わたしのやりたいように更新されていくことでしょう。
 
 今年のイベント参加とかは未定ですが、出るとしたらギアスかな、という感触です。
 4月にルル受オンリーがあるので申し込んだので。春インテも出られるなら出たいけどなー。
 あ、11日のインテで、千早さんとこで売り子するのは確定です!これはすごく楽しみ!


 とまあ、このようにぐだぐだ極まりないブログですが、今年もまだ続いてゆきますので、思い出した頃にでも遊びにきていただけると嬉しいです。
プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。