コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

秋の京都

紅葉狩りに行ってきました。




 日曜日の京都は生憎の雨、前日までは暖かかったのに、かなり寒い。
 四条河原町で集合したわたしたちは、そんな寒さの中、お昼ご飯を食べるお店を探しておりました。
 わたしが「エスニック・アジアン・インドが食べたい」と主張したので、いくつかお店をピックアップして皆で選んでみたところ、「タジンを食べに行こう」という結論に達しました。
 タジンとは、中東あたりの鍋で、ハクション大魔王の壺のような形の容器(うちの友達の形容。秀逸だ)で肉や野菜などを調理します。で、珍しいし誰も食べたことがないから試してみよう、ということになったのです。

 ところが・・・・・・な、なかなかお店が見つからないんですけど。
 こういう時の気持ちの余裕は状況と状態で決まりますね。ひどい空腹ではありませんでしたが、寒くて雨だから早く店に入りたくて仕方なかったです。
 それで、電話をかけてたしかめてみたところ・・・・・・・・・全然広告とかのない4階。こ、これはわからない。
 面白いことを楽しんでくれるメンバーだったので、外の階段を4階まで登って一緒に店に入ってくれました。そうしたら、店内は・・・・・・・・・・・見るからにやる気のなさそうな(笑)。服屋+飲食店、という形なのはわかっていたのですが、どっちもやるきがない(笑)。
 そ、それでもまあ、雨の中をわざわざ歩いて探して階段も4階登ってきたので、引き返したくないのが人情です。奥のソファ(これがまた飲食店ぽくない配置のソファで)に座って、タジンを注文してみます。
 30分ぐらいかかるとのこと。

 
 ここで、わたしたちには2つの選択肢がありました。止めるか、待ってみるか。
 外は雨で寒くて、これから別の店を探すとしてもまた雨の中を歩くこと、待てないほど空腹でなかったこと、おもしろいことを楽しむメンバーであること、等の条件が重なって、わたしたちは待つことにしました。
 タジンを食べてみたいと言ってこの店を探してきたのはわたしですが、一緒に食べる相手が、新規な物・珍しい物を楽しんでくれるタイプの人でなければ、待ってみるのは無理だったでしょう(さすがに)。
 話していれば30分ぐらい待てますが、タジンと一緒にサンドイッチを注文した身としては、わたしたちの注文の後に買い物に行って帰ってきた店員が食パンを買ってきていたりすると、気になったりもしました(笑)。今、買いに行ったのね。置いていなかったのね・・・・・・・・・・どれだけやる気がないんだ(笑)?
 うん、見るからに趣味の店でした。



 タジンは、まあまあ美味しかったです。スパイシーで。
 スパイスとはブレンドして使うことが多く、○○風にするには■■を多く、というバランスがあるはずですが、中東風のこれは何が多めだったんだろう?
 肉とジャガイモとにんじんとピーマンと玉ねぎとレモンの薄切りが入っていた。プラス、玉ねぎサラダとパン。

 珍しいメニュー、変わった物、ということでチョイスされたタジンでしたが、料理そのものよりも店が珍しかった(笑)。あそこまでやる気のない店とは(でもHPに掲載されていた)。




 そんなふうな昼食を終えて、バス停に向かいます。
 大阪は電車、京都はバスが便利ですが、その分本数があって難しいです。河原町四条のバス停はいくつもあって、目当てのバスが来るバス停を探すところから始まりました(案内図的な看板が欲しい)。
 紅葉や桜の季節には、満員でバスが乗車拒否することもありますが(バス停に立っているのにバスにスルーされるのは侘しいものです)、今回は乗れました。まあ、雨が降っていて行楽日和とは言い難かったですしね。
 


 目的地は一乗寺。
 わたしが、一乗寺中谷でスイーツが食べたかったので、ここに決定(皆、他に希望はなかったようだから)。
 寒い雨の中、詩仙堂へ向かいます。


 詩仙堂はそんなに大きくないけれど、庭内には竹の中を通る道もあって、風情があります。
 紅葉を鑑賞できる部屋は暗く、全ての戸が取り払われて、参拝客は畳の上に座って庭を眺めることができます。庭は、部屋から見て正面の空間が開けていて、左手には水路と池、その後に紅葉、更に後ろに山、というふうに景色が配置されています。
 屋内から庭の紅葉を見ると、逆光で黒く見える鴨居や柱が、まるで額縁のようで、縁取られることで庭が絵のように感じられましたね。
 庭に出て見ると、屋内から見るとのはまた違った風情があって、緑の苔の上を紅い葉が埋め尽くさんとする様まで見えたり、同じ1本の木の周囲の枝は紅葉していないのに一枚だけ見事に紅い葉(そこにだけ木漏れ日が当たるのでしょう)を見つけたりできました。
 紅葉の写真なんてこれまでたくさん見ていますし、紅葉は全然珍しくない毎年生じる自然現象ですが、それでも、本当に燃える焔のように鮮やかに紅く色づいた葉の連なりを間近で見つめると、写真では感じなかったこの木の息遣いが感じられるような気がします。
 どこか知らない場所の知らない木が紅葉したのではなく、今目の前にあるこの木の葉っぱが紅くなったんだ、と実感できるというか。やっぱり、存在感が違いますね(当たり前だ)。



 本当は園光寺にも行きたかったのですが、入場時間が夜のライトアップの為の入れ替え締切の間近という微妙な時間帯になってしまって、入ったら15分以内に出てこないといけなくなりそうだったので、そんなあわただしいのは嫌なので、今回は諦めました。
 夜間ライトアップがあるからライトアップ終了までなら何時でもOKのような気がしていましたが、そういうシステムだったのね。
 園光寺は諦めましたが、一乗寺中谷は行きましたよ!
 今回も、おいしかった。
 よくばりなわたしは、散々寒いと言っておきながら(酷い末端冷え性なので、手が温かい友人が羨ましくて、「持てる者は持たざる者に施してよ!奉仕の精神だよ!徳が上がるよ!」と手を繋いでもらったりしました)、この店の代表商品が1度に味わえる中谷パフェを注文していました(おいしいは正義)。
 だって、丁稚羊羹も(甘さ控えめ。あっさりと上品)、豆腐羊羹(とろっとした食感がたまらない)も、抹茶アイスも、ほうじ茶ゼリーも皆味わえてお得だと思うのです。


 おいしい甘味で心満たされて外に出ると、雨は止んでいたが、寒い。
 そんな中、バス停に人影が。この人は、バスの利用客ではなく、利用客にバスの四条を経由する京都駅行きのバスの現在の混み具合を説明し、反対方向のバスに乗って地下鉄が止まる駅に行って地下鉄で移動する方がずっと早いし、寒い中で待っている時間がずっと少ないということを説明するお仕事の人でした。
 おお、観光都市だからこんなサービスまであるのね。教えてくれてありがとう。でもお兄さん、ココ寒くて暗くてわたしたち以外に人影がないぐらいの人出なのに、ずっと人が来るのを待っているのか。大変ですね。
 わたしたちは、彼のおかげで寒さに凍える時間がぐっと短縮されました。


  
 そんな、紅葉狩りでした。
 寒かったけど、おいしくて、紅葉は鮮やかだった(どんなまとめ方だ)。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

月うさぎ

 辛口でキレのある日本酒も好きですし、甘口で濃厚なのも好きですが、飲みやすいフルーティーな日本酒も好きです。
 というわけで、アルコール度数の低いフルーティーな発泡日本酒 月うさぎを試してみました。

 おいしい!
 ホントにジュースみたいです。
 ワインが葡萄のジュースから作られるなら、日本酒はお米のジュースから出来てるんだな、と思わせられるぐらいに、ジュースっぽくて飲みやすい。うん、お米のジュース。
 日本酒が苦手な人も、これなら飲めそう。
 抱腹絶倒と似た系統ですが、あれはさっぱりで、こっちは濃い目です。
コンテントヘッダー

ジャンプ

 感想というか、つぶやき。

続きを読む

コンテントヘッダー

日常の中の非日常

 わたしは、コス写真撮影のロケによく使われる某所に自転車で行ける距離に住んでいます。
 その場所が撮影に使われる理由は、よくわかります。
 その場所でのイベント等はありませんが、その代わりに規制もなく、着替えることも写真を撮ることも禁じられてはおりません。そして、背景としてとても雰囲気があるので、そりゃあ写真を撮りたくなるでしょう。

 なので、土曜日に用事があってこの近くに行ったので、天気いいし暖かいから撮影日和だと思うなー、誰か撮影とかしてないかな~、と足を延ばしてみたのです。
 そうしたら・・・・・・・・その場所の半分ぐらいを歩いただけで、コスプレさんを4グループも見つけて驚きました。
 そして、その中にラウンズの方々のグループがいたから、トキメキました!
 残念ながらスザクとジノはいなかったのですが、1と6と9と10と12がいたと思います。
 ラウンズマントって、CLAMPデザインだけあって格好イイですねー(マント大好き)!マントが色違いなラウンズが集まると見ごたえありますねー!
 噴水と東屋のある庭園が非常にお似合いでした(うっとり)。
 冬コミ行けなさそうなので、見ることができたのが嬉しいです。

 ていうか、本当にココでコスイベントやればいいのに。あー、でも、民間企業じゃなくてお役所の管轄だから難しいのかな。
コンテントヘッダー

死に至る病

 NARUTO。サスサク。

続きを読む

コンテントヘッダー

「この日が来ることは分かっていた」

 冒険王ビィト。ビィキス。

続きを読む

コンテントヘッダー

「必ずその手を掴むから」

 ネウロで、ネウ弥子。

続きを読む

コンテントヘッダー

 「この世界で、貴方だけが私に近い」

 鋼の錬金術師。ロイアイ。

続きを読む

コンテントヘッダー

返信です

 返信です。

続きを読む

コンテントヘッダー

ゲヘナ

 PAPUWA。ジャンサビ前提で、ジャンと高松。

続きを読む

コンテントヘッダー

シャイニングウィザード

 鋼の錬金術師。ロイアイ。

続きを読む

コンテントヘッダー

読=食

 活字中毒の気があるわたしにとって、読むことは食べることに例えられます。
 
 京極夏彦の本は、一品一品はさほど量が多くなくとも、フルコースで食べるとかなりのボリュームがある、京懐石。製作者の意図を理解するためには最初から最後まで通して食べる必要があるけれど、もれなくお腹いっぱいになる。
 舞城王太郎の文章は、アルコール度数が高い、きっと。だからあんなにグルグルに酔ってしまうんだ。 
 荻原規子の文章は、和食。それも、ご飯は玄米とかで、おかずも定番の日本のお惣菜、という感じの。で、有機製法とかで作られた食材なので、味がちゃんとしている。そんなイメージ。
 皇国の守護者は、がっつり肉だった。シシカバブとかそういう肉。
 菊池秀行は、きっとチーズ。
 

 ライトノベルは、パン~お菓子の印象がある。
 ちょーシリーズとかマルタサギーシリーズとかは、食感は軽めだけど、生クリームの味がしっかりしててうっとりするコクがある、堂島ロールとか北浜レトロの生クリームケーキみたい。
 楽園の魔女たちシリーズとかは、フルーツやナッツがぎっしりのパウンドケーキかな。甘くて食べ応えがある感じが。
 須賀忍の本は、菓子パンの中に置いてあるハード系のパンのような印象があります。粉の味がする、全粒粉とかライ麦粉とかのパン。 
 フォーチュンクエストは、ホットケーキ。定番で優しい感じが。
 ブギーポップはフルーツのゼリーかな。のど越しがさっぱりしている気がする。
 スレイヤーズは、ポテトチップス。
 まるマは、クッキーシューかな。シュー生地のシュークリームではなく、クッキー生地のシュークリーム。サクっと感とトロっと感がある。
 
 同人誌は、全てお菓子。ジャンク系~上品な物まであるけれど、皆お菓子。
 食べたいところ(好きなキャラクター、好きなCP、好きなシーン)だけをチョイスして読むものだから、そういう印象。

コンテントヘッダー

鳥籠

 ネウロで、ネウ弥子。

続きを読む

コンテントヘッダー

放課後の魔術師

 シャーマンキングで、葉アンナ。

続きを読む

コンテントヘッダー

今昔

 最近、餡子を食べられるようになりました!
 嬉しい。

 これまでは、ダメだったのです。
 いや、別に嫌いというわけではないのですが、食べると吐き気がして、身体に合わなかったのですよ。
 だから、餡子を食べられる人羨ましいなー、わたしだっておいしい和菓子とかおいしいと感じてみたいよ、来世では餡子を食べられるように生まれたいものだ、と思っていたので、来世を待たずして餡子OKになったのが嬉しいです。
 これまでの人生で全然食べ慣れていないので、餡子の良し悪しはまだわからないのですが、おいしいと言われている和菓子に挑戦してみたいなー♪


 コーヒーも、昔は飲むと気持ち悪くなることが多かったのですが、今は大丈夫。
 アメリカンよりはエスプレッソ系統の方が好きです。カプチーノとか好き。
 フレーバーコーヒーは・・・・・バラと桜まではOKですがメロンは許容範囲外です(笑)。
 エスプレッソなら砂糖を入れて、アメリカンならミルク入り砂糖抜きで飲みます。
 酸味の多い豆と苦味の多い豆なら、苦味タイプがいいですね。

 コーヒー風味のお菓子は好きです。カルーアミルクも好き。
 銭湯では無性にコーヒー牛乳が飲みたくなりますね(笑)。


 子供の頃に受け付けなかった食べ物を食べられるようになるのは、嬉しいことです。
 子供時代に戻りたい、とか言う人がいるらしいですが、わたしはその気持ちはあんまりよくわからないなあ。
 子供の頃に好きだった物は、大人になっても、わりとそのまま好きですしね。
 大人の方が、世界が広い。 
コンテントヘッダー

monster &freak

 PAPUWA。アラシヤマとジャン。

続きを読む

コンテントヘッダー

monster &freak

 冒険王ビィト。キッス。

続きを読む

コンテントヘッダー

さんらいず

 00を見ていますが、金髪で太ってるアローズの偉いサンのおっさんは、ギアス世界なら2話ぐらいで死んでいただろうな、と思えてなりません。
 ギアス世界、美形じゃない品性もあれなおっさんに厳しい世界でしたね、今思えば。大宦官なんか、長生きした方ですね。
 
 サジ君は生き残るのだろうな、と思って見ています。
 彼のような立ち位置(戦士ではなく傍観者というか後の語り部というか)の人がこれだけ画面に長く登場しているのだから、最後まで生き残らなければならないでしょう。
 マリナ姫が生き残ると信じています。
 彼女は、世界の現実の過酷さを認識しながらそれでも希望の灯を絶やさずに地道な努力を続けている人なので、彼女のような人には生き残ってもらわないと困ります。彼女が何も残せず無残な死を遂げることになったら、刹那が修羅になりそうですらあります。
 リボンズは死なないと不味いでしょう。彼を生かしておいては、物語が終わらない。なんとなく、裏切られて死にそうな印象があります。
 00世界で一番恐ろしいドラゴンレディは・・・・・・生き残りそうだなー。
 わたしは、この人とマリナ姫がキャラクターとして対照的に描かれているような気がしています。女神の特性の両端を象徴しているというか。
 慈愛の女神マリナ姫と、死と再生の女神ワン・リュウミン。このどちらの思想が世界を更新するのか、そんな対比表現を見せて欲しいな、と思っております。
 スメラギさんは、生きることを強く望んだり希望を持っていないからこそ生き残りそうな気がしています。
 マイスターの命は・・・・・・期待はしないでおきます。えーとね、最後に生死不明になって、でも、最後の最後で、はっきりと顔は映らないけど生きているという描写があるとか、そういうのならありかと思う。
 ロシアの荒熊の命が心配。ソーマちゃんは生き残りそうですが、息子を庇って父は死んでしまいそう。そして、息子にソーマちゃんを託しそう。し、死なないで。
 コーラサワーが二期に出てこないのは、死んでいるからですか?
コンテントヘッダー

 「これは、自分で決めたことだから」

 PAPUWA。高松。

続きを読む

コンテントヘッダー

「その痛みだけが真実だよ」

 ネウロ。ネウ弥子。

続きを読む

コンテントヘッダー

ブロードウェイ

 今年のハロウィンは、難波に行って映画をみてきました。
 ブロードウェイブロードウェイ、すごくよかった!


 パークスのクリスマスツリーの前で仮装している人を見た。何かそういうイベントでもやっていたのかな。
 
 パークスのシネマ内にアイスクリーム屋があるのは、甘党のわたしからするととてもいいことのような気がしたが、ここのアイスクリームを食べたくなったら映画をみなければ、ということか?
 いや、違うか。劇場内でなく劇場外ではあるわけだから、チケットを買うような顔をして入ればいいのか。

続きを読む

コンテントヘッダー

「無意味で無価値でくだらない」

 NARUTO。サスサク。

続きを読む

コンテントヘッダー

「お前が迷う時、俺を呼べ」

 冒険王ビィト。

続きを読む

プロフィール

greatberryking

Author:greatberryking
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。